最新動向/市場予測

世界モバイル利用動向調査 2015~第1部 デバイス所有・通信環境編~

Global Mobile Consumer Survey 2015

「世界モバイル利用動向調査 2015」は、デロイトのテクノロジー・メディア・テレコムプラクティスによって実施されたグローバル調査です。本レポートはグローバル調査をもとに日本のテクノロジー・メディア・テレコムインダストリーが作成しています。第1部はデバイス所有・通信環境、第2部はデバイス利用状況・モバイル送金/決済・IoT/スマートデバイスについて分析しています。

第1部 デバイス所有・通信環境編

2015年は、PCによるオンラインアンケートを通じて、世界30ヶ国、計49,000人を対象に調査を実施いたしました。
本レポートでは日本・イギリス・フランス・ ドイツ・ロシア・中国・インド・シンガポール・ブラジルを中心に比較分析を行いました。


■調査レポートのサマリ

日本の消費者の新しいスマートデバイスへの購入意欲は低いが、フィーチャーフォン・スマートフォンについては新品で購入することを好み、一度購入したものを長く保有/利用する傾向にある。

・他国と比較すると、日本の消費者は新しいスマートデバイスの購入に対し、保守的な傾向が見られる
・フィーチャーフォン・スマートフォンについては他国より新品での購入比率が高く、一度購入したものを長く保有/利用する傾向にある 

第1部ではデバイス所有・通信環境に関して問う、以下のような質問を設けました。

【デバイスの所有】

・所有もしくは利用できるデバイスは?
・今後12ヵ月以内に購入する可能性があるデバイスは?
・新しいデバイスに対する行動で最もあてはまるものは?
・新しいデバイスに対する行動を最もよく表したものは?
・所有もしくは利用できるスマートフォンの数は?
・現在使用している携帯電話を購入または入手した時期は?
・現在使用している携帯電話の購入経路は?
・前回の機種変更時、それまで使用していた携帯電話の処分方法は?
・現在使用している携帯電話の購入もしくは入手は新品か中古のどちらか?

【通信環境】

・現在契約している携帯電話事業者を選んだ理由は?
・現在契約している携帯電話事業者のサービスのうち、契約・使用しているものは?
・スマートフォンのインターネットへの接続方法は?
・使用している携帯電話の4GとWi-Fiの通信速度を比較すると?

なお、同レポートのニュースリリースはこちらをご欄下さい。

日本の消費者は新しいスマートデバイスの購入意欲が低い デロイト「世界モバイル利用動向調査2015」 第1部 デバイス所有・通信環境編
 
PDF,520KB

デバイス所有

●新しいスマートデバイスの購入意向

 日本は他国と比較して新製品への反応感度が鈍い。他の先進国では「すぐ最新のデバイスを購入する」と回答した比率が3~9%だが、日本は僅か1%、「非常に気に入った場合、最新のデバイスを購入する」を含めても15%である。年代別の内訳を見ても、若年層であっても「すぐ最新のデバイスを購入する」と回答した比率が1%であり、新製品への反応感度が鈍い傾向である。


●新品の購入率と購入後の携帯電話の利用期間

新品での携帯電話購入比率はいずれの国でも高いが、他国と比較し日本はその中でも97%と特に高い。中古市場につながる譲渡・販売の比率が日本は2割程度と他国のおよそ半分となっている。
一方、3年以上利用している消費者の比率は欧州各国では4割程度であるが日本は54%と高く、他国と比較すると、日本の消費者は、新品を購入しそれを長く利用する傾向がみられる。

新しいデバイスに対する行動(グローバル比較)

右から二番目のアイコンをクリックすると資料全体が展開されます。

通信環境

●携帯電話事業者の選択理由

日本では携帯電話事業者選択において、家族などとのパッケージ料金があることや機種変更が可能であることの、優先度が高い。
他国ではカスタマー/テクニカルサポートの質を選択理由の上位に挙げている国もあるが、日本では選択要素の高い順位にはなっていない。
ネットワーク品質については、日本では外出先では4Gの方が(Wi-Fiより)速い/少し速いと認識されているが、自宅では通信速度への認識は4Gが速い/遅い/ Wi-Fiと変わらない の同程度に三分される。

携帯電話事業者を選んだ理由

右から二番目のアイコンをクリックすると資料全体が展開されます。

関連するサービス

<<Deloitte Digital(通信業種向け)>>

  • 創造力とテクノロジー、人間のインサイトを独自に融合し変革と改革への思想と姿勢を持って問題解決にアプローチします。

<<Deloitte Analytics 5つの特徴(メディア業種向け)>>

  • グローバルで培った知見を活かせる「グローバル性」と、メディア業界のビジネス領域の専門家と高度な数理統計技術を持つ専門家が協働できる「総合力」が強みです。

<<IoT(Internet Of Things)>>

  • インターネットオブシングス(モノのインターネット)をビジネスに有効に活用し、新たな価値を創造するための支援を多角的に実施します。
6
お役に立ちましたか?