最新動向/市場予測

デロイト 2018年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500 受賞企業

ランキング傾向と受賞企業のご紹介

トップに輝いたのはKe.com (Beijing) Technology Co Ltdで、成長率は32,179 %を達成し、1位となりました。今年の上位10社の平均成長率は、過去最高の17,314%に達しました。これを反映して、全500社の平均成長率も過去17年間のランキングで最高の987%に達しました。日本企業は全部で41社が受賞しました。

・全受賞企業500社の売上高成長率は史上最高の987%
・上位10社の平均成長率は、過去17年間のランキングで最高の17,314%
・1位は中国のオープンプラットフォームの不動産物件情報提供業者、Ke.com
・中国企業7社が上位10社にランクインし、初めて過半数を占める

ランキング傾向

地域別傾向
テクノロジーFast 500ランキングの選出は、過去3年間における収益(売上高)成長率に基づいて行われます。選出企業を地域別で見ると、引き続き中国企業の存在が目立ち、上位10社には7社がランクインし、500社のうち30%近くを占めています。

事業領域別傾向
過去6年間の傾向と同様に、引き続きソフトウエア企業が業界の成長の大半を占めています。2018年の上位500社に含まれるソフトウエア企業の数は、昨年の214社を若干下回り190社となり、ランクインした企業の38%を占めています。
メディアは2番目に多い領域としての地位を回復し、107社がテクノロジーFast 500にランクインし、うち3社は上位10社に入りました。Ke.comが1位、化学業界の大手B2BプラットフォームのIBUYCHEM.comが2位、そして繊維製品のB2Bプラットフォームを提供するQingdao Sinotex E-Commerce Co Ltdが4位でした。

収益(売上高)成長の傾向
2018年の上位500社の平均収益(売上高)成長率は987%と、前年の600%を387ポイント上回りました。ランキング上位10社の平均収益(売上高)成長率は17,314%でした。収益(売上高)成長率は上位500社および上位10社共に17年間のプログラムの歴史の中で最も高い記録となりました。

 

受賞企業

1 位: Ke.com (Beijing) Technology Co Ltd

中国の北京に本社を置くKe.comは、オープンプラットフォームのオンライン不動産物件情報提供業者で、新規・中古・レンタル物件のエコシステムをユーザーに提供しています。同社は、掲載中の住宅物件をインタラクティブ3Dビューで表示させるVR閲覧機能等、様々な革新的な技術を備えたテクノロジー主導のプラットフォームを持っています。Ke.comは、中国最大の不動産ブローカーの一つであるLianjia (Homelink)が所有する企業です。

日本の受賞企業41社

日本企業は株式会社エアークローゼット(成長率6,048%)が15位、ワンダープラネット株式会社(成長率3,788%)が26位、株式会社プレイド(成長率2,039%)が44位と、3社が上位50位内にランクインしました。また、Fast 500ランキングを受賞した日本企業は全部で41社となりました。

関連リンク

Technology Fast 500™ Asia Pacific (APAC) - 2018 Winners and Results
(Deloitte Global:英語ページにリンクします)

500社の全ランキング
(PDFにてご覧いただけます)

テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト 2018年 アジア太平洋地域テクノロジー Fast 500」発表
(ニュースリリースの全文がご覧いただけます)

お役に立ちましたか?