サービス

グローバル人事・組織マネジメント

デロイト トーマツ グループは、「グローバル人材の採用、活用、育成、管理」(主に本社)や「海外拠点強化のための人事管理、労務管理、要員管理、人材育成」(主に現地)など、幅広くご支援します。特に、貴社が世界で勝ち抜くための組織・人材ソリューションを、貴社の成長段階、課題、ニーズを勘案した上でご提供させていただきます。

関連コンテンツ

海外事業拡大を支援するグローバル人事の高度化

海外進出が進むハイテク企業においても、グローバル人事管理や人材強化の必要性がますます高まっています。しかしながら、海外市場拡大のスピードに人事機能のグローバル化のスピードが追いついていないのが実態ではないでしょうか?

昨今、よくお聞きするお悩みとしては以下のようなものが代表的です。
・海外市場の開拓や機能の海外移転に伴い、海外従業員数が増加しているが、ローカル人材まで含めた実態の把握が困難になりつつある
・人事制度やシステムが地域・国によって統合化されておらず、グローバル人材登用や育成の阻害要因となっている
・グローバルで共通した価値観をローカル人材まで浸透させることが困難であり、企業のアイデンティティを維持することが難しくなっている

デロイトでは、海外の先端事例を含むインダストリー知見を持ったエキスパートと、グローバル人材マネジメントに長けたエキスパートが共同で貴社の人事・組織マネジメント改革をご支援します。日本企業が世界と伍して戦える強い集団となるとめの一助を担っていきます。 

世界で勝ち抜くためのグローバル人事・組織マネジメント

国内市場の飽和/縮小化に伴い、多くの日本企業が海外への成長機会を模索しています。その成長機会を実現できるかは人材にかかっているといっても過言ではありません。

課題は二つあります。一つは海外拠点が成長の拠点となるべく拠点の人材(National Staff)の質・量を向上させることです。もう一つは個々の拠点を越えたグローバルな視点で戦略を考え案件を動かすグローバル人材の獲得・育成です。後者はそのベースとして「内なる国際化」も求められます。

デロイト トーマツ グループは、「グローバル人材の採用、活用、育成、管理」(主に本社)や「海外拠点強化のための人事管理、労務管理、要員管理、人材育成」(主に現地)など、幅広くご支援します。特に、貴社が世界で勝ち抜くための組織・人材ソリューションを、貴社の成長段階、課題、ニーズを勘案した上でご提供させていただきます。

グローバル人事・組織マネジメントの主要サービ
•グローバル人材の育成・管理
•クロスボーダーの人材活用
•グローバル標準人事制度
•海外拠点の組織・人事アセスメント
•海外労務管理
•海外要員、労務費管理

海外事業の安定・拡大
>>関連するサービス:グローバル エンプロイヤー サービス(税理士法人トーマツ)
地域統括会社 組織設計・組織再編
地域統括会社の組織設計、要員管理方法の策定支援
クロスボーダーM&A
>>関連するサービス:組織再編デザイン

グローバル人材マネジメントサービスのご紹介

「世界中で最適なチームを編成する」ことを強みとし、組織を変革させる力と確かな知見を提供する「協働者」として支援いたします 

(568Kb,PDF)

グローバル人材マネジメント フライヤー

海外事業展開のステージに沿った組織人事コンサルティングサービスの提供

海外展開の各段階において、本社の国際化(人材のグローバル化)から海外拠点の人材マ
ネジメント強化まで、様々なテーマに対するコンサルティングサービスを提供しています。さらに、各テーマについて、戦略立案から現地での導入・実行までを幅広くサポートしています。 

(51KB,PDF)

海外拠点における組織・人事アセスメントサービス

海外拠点を持つ日系グローバル企業の本社人事の皆様から、拠点の組織・人材マネジメントに関して以下
のような悩みを聞くケースが増えています

一昨年から新興国市場への進出が一気に進み、拠点の数が増える一方で、本社からの出向者/駐在員の
派遣が追いつかない

現地に派遣した出向者は言葉や文化の違いから、現地社員とのコミュニケーションに苦労していると聞いている。現地社員の採用も苦戦しているらしい

本社人事として拠点のサポートをすべきとは認識しているが、何が問題になっているのか、どこから手をつけていいのか分からない・・・

海外拠点での組織・人材マネジメントを支援するためのデロイトのサービスをご紹介致します 

(1.1MB,PDF)

寄稿記事

グローバル時代を生き抜くための術を伝授する
キャメル ヤマモト〔山本 成一〕(ディレクター)
日経ビジネスONLINE日経BP社

2014.05.01 第18回 緑の組織と青の組織 「同じ」が前提の緑、「違い」が前提の青
2014.03.18 第17回 まだら模様のグローバル化
2014.02.07 第16回 外の刺激で中から変わる道筋に学ぶ
2013.12.13 第15回 組織の“箱”から逃れて自由になる 外務省から逃げ出したトラウマの贈り物
2013.11.21 第14回 私が考える「逃亡論のススメ」 日常の“箱”から逃れて自由になる
2013.10.08 第13回 日本人がグローバル人材になるための方法 マインドは「ドイツ人」の三菱ふそうの日本人社員
2013.07.23 第12回 もう少しドリブルしておきたいのですか? パスもせず、シュートもしないで ピース小堀さんによるコーチング体験談(その2)
2013.06.13 第11回 とても直視できない!心の中を鏡に映された気分に ピース小堀さんによるコーチング体験談(その1)
2013.04.03 第10回 藤原和博さんとの競演で負けたから、つかめた!  グローバルリーダーの本当の「強み」
2013.01.15 第9回 世界で起きている「3つの変化」に迫る Open Talent Economy, Working-Learning-Playing, Continuous Change Management
2012.09.24 第8回 飲み会で、英語を混ぜて語らうと、どうなるか? 日本に居ながら英語モードに切り替えて、海外に移りやすくする
2012.07.31 第7回 やってみたいことを実現させる方法 さっと思い、さっと忘れる「希忘法」
2012.06.19 第6回 普段の仕事で、英語をちょっと混ぜてみよう 楽天的な気持ちで、Let’s speak a new language called ‘English∞Japanese’!
2012.05.11 第5回 ゆっくり歩こう 自律神経のバランスをベストにして健康を保つ
2012.03.27 第4回 聞いたまま考えないで書き込もう いいことずくめの手法
2012.02.29 第3回 インパクトのある発言力を身につけよう コーチングを活用する
2012.02.09 第2回 グローバル時代を生き抜くための術(Global Survival Practice)その2:歩きながら対話 口説くには一緒に歩こう
2012.01.26 第1回 「さっとアウトライン」法の効用

グローバル時代の課長学 

キャメル ヤマモト〔山本 成一〕(ディレクター)
日経産業新聞、日本経済新聞社

2012.04.26 (5) 今も新しい「盛田スピリット」 違和感こそ革新の母
2012.04.19 (4) 他社でも通じる専門性 財務・営業…一芸磨き飛躍
2012.04.12 (3) 言葉で人を動かす 要点は3つ 理解の助けに
2012.04.05 (2) 問題解決に向けて ルールを工夫、役割明確に
2012.03.29 (1) 調整役の殻を破る 前線で「やんちゃ」に行動も