サービス

S&OPプロセスの構築

昨今、急激な市場変化に追随するために、短期的な対応に追われ、中長期を見据えた事業活動が後回しになる傾向があります。その結果として、機能ごとの改革・改善活動が整合性を欠き、業績に直結しないという事象が数多く発生しています。当サービスでは、中長期のシナリオを実行計画に落とし込み、定期的にシナリオを見直すマネジメントプロセスを構築することで、事業そのものの能力拡大による目標達成を可能にします。

関連コンテンツ

グローバル競争のカギを握るS&OP

S&OPという言葉は耳慣れないかもしれません。サプライチェーンの数量計画と損益計画を相互に連動させながら、損益を最適化するためのSCMの実現を意味します。しかしながら、S&OPは多くの日本企業にはいまだに浸透していない一方、海外のハイテク企業にとってはグローバルスタンダードになっています。

例えば、以下のケースはどの程度実現されているでしょうか?
・SCMの数量計画(PSI)が変更されたときに、損益へのインパクトを即時把握できる
・顧客別や製品別の損益見込をインプットにしながら、需給計画の調整を行っている
・販売計画や需給計画、損益計画など、自社の計画体系が確立し、各計画の計数間の整合性や責任所在が明確になっている

特に、環境変化が急速で激しいテクノロジー業界においては、SCMと損益計画の連動は迅速で的確な経営の意思決定を行うための必要条件です。

デロイトでは、海外の先端事例を含むインダストリー知見を持ったエキスパートと、グローバルSCMに長けたエキスパートが共同で貴社のS&OP導入をご支援します。日本企業が世界と伍して戦える強い集団となるとめの一助を担っていきます。 

中長期を見据えたシナリオによるマネジメント

S&OPプロセスの特徴
事業目標を達成する為に中長期のシナリオを作成し、各シナリオに対して関係部門のアクションプランを策定します。また、各部門のアクションプランの進捗状況から中長期の販売計画、 供給計画を見直していきます。これにより以下を可能にします。
・将来の目標に対する実現の道筋の明確化と計画の精度向上
・シナリオ策定を通じて戦略からオペレーションまでを連鎖し、各活動の整合性一致
・バリューチェーンの整合性を確保し、社員の活動の方向性を一致

S&OPプロセス構築の流れ
S&OPプロセスの運用サイクルは、四半期毎に実施する『エグゼクティブSVCM会議』で決定する上位・中位シナリオを、月次サイクルの中でアクションプランの進捗および各計画の実績から事業目標の達成に向けたリスクを把握しシナリオ修正と数量・金額のシミュレーションを実施します。

S&OPプロセス構築のアプローチ
S&OPプロセスの構築では、現在の成熟度を評価し目指すべきゴールを設定します。その後、実現方法を具体化し、業務トライアルを通じて企業の特色に合わせたマネジメントの仕組みを構築します。 

S&OPプロセス構築のポイント

S&OPプロセスの構築において、6つのポイントを実現することにより、より効果的なマネジメントの仕組みを構築することができます。

1) 事業目標を達成するための明確なシナリオ
目標設定時の実力値から想定する今後の成長と中長期の事業目標とのギャップを把握し、
そのギャップを埋めるためのシナリオを検討し、シナリオ毎に達成する目標値、その前提
と根拠を明確に定義して、実行への落とし込みと評価・見直しを効果的に実施します。

2) グローバルでの業務横断的な組織機能の構築
S&OPプロセスでは複数の地域・部門にまたがるビジネスシナリオを検討して関連地域・
部門で実行への落とし込みを行うため、グローバルでの業務横断的な組織機能を設置して
管理運用を行う体制を構築します。

3) シナリオと実行計画で整合性のとれた評価指標

各部門の目標や評価指標はシナリオから落とし込まれた実行計画の活動を管理するた
めに用いるので、事業目標、各シナリオ毎の目標との整合性および部門間での整合性が
確保された指標を定義します。

4) グローバルで統合されたIT環境

SVCMではグローバルで整合性のとれた評価指標を基に意思決定を行うため、指標を
管理するためにグローバルでIT環境は統合されている必要があります。IT環境を統合
することにより適切な情報を適切なタイミングで利用すること実現し意思決定の精度、
スピードを向上します。

5) スピーディに意思決定を行うための明確な意思決定基準

SVCMの各プロセスにおける意思決定のスピードを向上させるために、意思決定者を
明確にすると共に各プロセスでの意思決定基準を明確にします。
(議論する内容、優先する評価指標、判断するため評価基準)

6) 事業環境の変化へ対応するための定期的な評価・見直しプロセス

策定したビジネスシナリオ、アクションプラン、タスクプランを定期的に活動状況の評価を行い、必要に応じて見直しを行うプロセスを構築することで事業環境の変化への対応力を向上し、事業目標の達成度を向上します。