サービス

本社改革・組織構造改革

クールジャパン戦略の下、今後は日系メディア企業もグローバル競争下に置かれることになりますが、それに伴って本社改革の必要性が高まります。弊グループでは適切なガバナンス・メカニズムや収益責任の構築等、抜本的な取組みを支援します。 また、事業の海外展開には、親会社の求心力低下や事業/機能の重複等の課題を伴いますが、経営資源を有効活用し、事業の選択と集中を加速させるためのグループ再編を支援します。

メディア業界における本社改革・組織構造改革

クールジャパンの掛け声の下、コンテンツの海外展開及びメディア企業の海外進出が活発になってきました。先行する欧米メディア企業は国を跨いだ大規模なM&Aを進めるなど、既にグローバルな経営体制に移行しつつあります。日系企業でも、製造業等の他業態では事業の海外展開は当たり前の時代となっていることは言うまでもありませんが、今後はメディア企業も本格的なグローバル経営の時代に突入することになります。

企業がグローバルな競争環境下に置かれることに伴って、従来型の世界観=国内視点に留まりがちな本社組織を改革することは必須であると考えます。組織・業務・制度・文化等のあらゆる観点から本社としてのあり方を再考することなく、グローバル競争下における司令塔としての役割を期待することはできません。

デロイトでは適切なガバナンス・メカニズムや収益責任の構築等、抜本的な取組みを支援します。また、事業の海外展開には、親会社の求心力低下や事業/機能の重複等の課題を伴いますが、経営資源を有効活用し、事業の選択と集中を加速させるためのグループ再編を支援します。 

プロジェクトの要諦と弊社の強み(本社改革)

<本社改革>

再編実務の専門性・実績
出口戦略のオプション比較・詳細化(再編スキームの検討)の上で必要な専門的知識と、経験・実績に裏付けられた実践的なノウハウを有し、戦略策定段階から、実現可能性を見据えた検討をご支援することができます
  -会計・財務、税務(B/S・P/L分割、グループ内徴収体系、流通税、NOL回収、等)
  -人事・労務(転籍・出向、労組)、手続き(会社法、許認可、海外子会社、他)

Execution(実行)までの一貫性
出口戦略オプションにかかわらず、その実現に必要なディール交渉/再編に伴うPMIなどの包括的かつ豊富な知見を有しており、一気通貫でサービス提供が可能です。
M&A、FA専門チームを有し、グループ会社のファイナンシャルアドバイザーとの連携で間接機能外部化におけるカーブアウトを実行局面まで多数実施しており、その経験を基に、適切なカーブアウト戦略のアドバイスが可能です

中立性・ 客観性
利害関係の無い立場から、適切な出口戦略(事業売却、リストラクチャリング等)の比較検討と、特定のベンダーに偏ることなく、公平なRFPの作成と選定時の評価をご支援する事ができます
事業に対し中立的な立場と本社改革・事業売却の豊富な実績から、適切な業務の切り分け設計をご支援する事ができます。

デロイト トーマツ グループの 一丸となったチーム支援
業界専門チームを有しており、貴社を取り巻く業界・ビジネスの最新動向・特徴や競合他社の取組み等を踏まえた助言・提言を実施いたします。
会計・財務、税務などの領域特化した専門チームのコラボレーションにより、テーマ・状況に合わせた最適な支援体制の構築と知見の集約を行い、包括的なご支援を提供いたします

 

プロジェクトの要諦と弊社の強み(組織構造改革)

<組織構造改革>

組織再編の目的を明確化
一般的にグループ組織再編は、多岐に渉る領域において同時並行的に課題を検討していくため、実務上の煩雑さやグループ各社の抵抗等によって再編自体が目的化してしまい、思い描いた再編の姿からかけ離れ、期待していた効果を十分得られない結果に終わる可能性があります。
目的を明確化した後、グループの事業ドメインを再定義した上で、各社及び各組織が担うべきミッションを検討しながら、再編オプションを抽出します。
再編オプションは、「あるべき組織構造」と、現状の組織構造からあるべき組織構造へと至る「再編手段(吸収分割/吸収合併、新設分割/新設合併、共同新設分割、事業譲渡、等)」の2つの要素を組み合わせて複数案抽出します。

全体最適のアプローチ
経営戦略、組織、人事制度、システム、企業風土など経営統合に必要とされる全領域を、限られた期間内で構想から具体的な実務実行まで支援した経験を元に幅広く統合のあり方を提案することができます。
グループ再編に関る作業全般をカバーできることで、再編全体のプロジェクトマネジメントを領域横断的に、かつ全体最適の視点で実行することが可能になります。

再編実務の知見、デロイトの 一丸となったチーム支援
デロイト トーマツ グループとして、コンサルティング、税務、会計領域で数多くの事例を通じて蓄積された、再編実務に関する深い知識と経験が、実務的な“深み”を提供できます。
具体的には、グループ会社の統合、分割、新設に伴う諸手続きや作業全般に関る様々なテーマに関してご支援することが可能です。

独自の方法論
グローバル企業に適用したノウハウをベースに、デロイト トーマツ グループが日本型再編に最適な形で独自に開発した方法論に基づいたサービスをご提供することが可能です。