ナレッジ

ベーシック認証

【サイバーセキュリティ用語集】 

「サイバーセキュリティ用語集」のページです。新聞・雑誌等に引用されるサイバーセキュリティの用語を解説しています。

ベーシック認証

不特定多数のあらゆる人にではなく、特定の限られたユーザーにのみWebページやディレクトリを公開したい、という場合には何らかのアクセス制限を掛けることになるが、その中でも最もシンプルな方法がベーシック認証である。アクセス時にユーザー名とパスワードの入力を求め、それに基づいて認証を行う。HTTPプロトコルで定義されており、ほとんどのブラウザやWebサーバで利用できる一方、送信されるデータはBase64でエンコードされるだけで暗号化やハッシュ化されているわけではないため、盗聴・改ざんが容易であるというリスクがある。 

サイバーリスクサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください

サイバーリスクサービスTOP

サイバーセキュリティマネジメントサービス 一覧

プライバシー・個人情報保護サービス 一覧

サービス内容、並びに、取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記フォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

>> オンラインフォームよりお問い合わせを行う <<

お役に立ちましたか?