ナレッジ

デジタルフォレンジック

【サイバーセキュリティ用語集】 

「サイバーセキュリティ用語集」のページです。新聞・雑誌等に引用されるサイバーセキュリティの用語を解説しています。

デジタルフォレンジック(Digital Forensics)

「フォレンジック」には、法医学や犯罪科学といった意味がある。刑事ドラマなどでおなじみの司法解剖や鑑識による科学的な捜査を通じて証拠を集め、犯罪がどのように行われたかを明らかにする行為だ。デジタルフォレンジックはその「デジタル版」。サイバー犯罪や情報漏えいなどのセキュリティインシデントが、いつ、誰によって、どのように原因を明らかにするため、電磁的記録、つまりPCやスマートフォンと言ったデジタルデバイスに残されたデータやログを対象に行われる調査を指す。内外の法廷で、デジタルフォレンジックを通じて得られたデータが、高い証拠能力を持つものとして扱われるケースも増えている。 

サイバーリスクサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください

サイバーリスクサービスTOP

サイバーセキュリティマネジメントサービス 一覧

プライバシー・個人情報保護サービス 一覧

サービス内容、並びに、取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記フォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

>> オンラインフォームよりお問い合わせを行う <<

お役に立ちましたか?