ナレッジ

個人情報保護法

【サイバーセキュリティ用語集】 

「サイバーセキュリティ用語集」のページです。新聞・雑誌等に引用されるサイバーセキュリティの用語を解説しています。

個人情報保護法

正式名称は「個人情報の保護に関する法律」。インターネットやデータベースをはじめとするITシステムの普及と、それと共に増加した個人情報漏えい事件を背景に、個人情報を適正に取り扱うことを目的として2003年5月に成立、2005年4月に全面施行された。個人情報をデータベースなどの形で保有し、事業に用いる事業者を「個人情報取扱事業者」とし、適正な取得や安全管理措置、委託先の監督や第三者提供の制限といった義務を課す内容だ。2015年9月には、ビッグデータの活用を主眼にした改正個人情報保護法が成立。これまで規制の対象外だった5000件以下の個人情報を取り扱う事業者にも適正な管理を求めるほか、新たに、個人情報から氏名や住所などを削ったものを「匿名加工情報」を定義し、本人の同意がなくても第三者提供を可能とするといった変更が加えられている。

サイバーリスクサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください

サイバーリスクサービスTOP

サイバーセキュリティマネジメントサービス 一覧

プライバシー・個人情報保護サービス 一覧

サービス内容、並びに、取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記フォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

>> オンラインフォームよりお問い合わせを行う <<

お役に立ちましたか?