ナレッジ

総合脅威管理システム

【サイバーセキュリティ用語集】 

「サイバーセキュリティ用語集」のページです。新聞・雑誌等に引用されるサイバーセキュリティの用語を解説しています。

総合脅威管理システム(UTM:Unified Threat Management)

かつてネットワークセキュリティの世界では、必要に応じてファイアウォールやVPN、IDS/IPSといった機能を提供する機器を、順次、個別に導入することが多かった。しかし、それぞれ管理インターフェイスやポリシーの設定方法が異なり、運用コストがかさむことが課題となっていた。そこで生まれてきたのがUTMで、一台のアプライアンスに複数のセキュリティ機能を搭載し、単一のインターフェイスで運用、管理を行えるようになっている。また搭載できるセキュリティ機能も、ファイアウォールやVPNに加え、アンチウイルスやWebフィルタリング、Web

アプリケーションファイアウォールなど、豊富なことが多い。ただ、ハードウェア性能が向上しているとはいえ、複数のセキュリティ処理を有効にするとパフォーマンスが低下することがある点に注意が必要。 

サイバーリスクサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください

サイバーリスクサービスTOP

サイバーセキュリティマネジメントサービス 一覧

プライバシー・個人情報保護サービス 一覧

サービス内容、並びに、取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記フォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

>> オンラインフォームよりお問い合わせを行う <<

お役に立ちましたか?