ナレッジ

Webアプリケーションファイアウォール

【サイバーセキュリティ用語集】 

「サイバーセキュリティ用語集」のページです。新聞・雑誌等に引用されるサイバーセキュリティの用語を解説しています。

Webアプリケーションファイアウォール(WAF:Web Application Firewall)

SQLインジェクションやクロスサイトスクリプティングといったWebアプリケーション特有の脆弱性を狙う攻撃を検知し、情報漏えいや改ざん、システムへの侵入といった深刻な事態を防ぐセキュリティ機構。通常のファイアウォールがネットワークレベルで通信を制御するのに対し、Webアプリケーションファイアウォールはアプリケーションレベル、それもWebブラウザとサーバとの間の通信内容をチェックし、攻撃データが含まれていないかどうかを確認する。Webアプリケーションの脆弱性に対する根本的な対策はアプリケーションの改修だが、それに必要な期間や費用を捻出できない場合、サービスを公開しつつ当面の保護を確保する手段として有効である。

サイバーリスクサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください

サイバーリスクサービスTOP

サイバーセキュリティマネジメントサービス 一覧

プライバシー・個人情報保護サービス 一覧

サービス内容、並びに、取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記フォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

>> オンラインフォームよりお問い合わせを行う <<

 

お役に立ちましたか?