ナレッジ

インダストリー4.0とサイバーセキュリティ

つながる製造業時代におけるリスク管理

本書ではインターネットにつながる最新デジタルサプライネットワーク、スマートファクトリー、相互に通信しあうデバイスについて、各々が直面する独自のサイバーリスクに重点を置きつつ考察しています。

関連コンテンツ

インダストリー4.0とサイバーセキュリティ つながる製造業時代におけるリスク管理

はじめに

インダストリー4.0は、インターネットにつながったスマートな製造環境を有する製造業者とデジタルサプライネットワーク、すなわち「サイバー」という新たなオペレーショナルリスクをもたらします。インダストリー4.0が主導するオペレーションで特徴的な相互接続性と急速に進むデジタル変革は、サイバー攻撃がかつてないほど広範囲に影響を及ぼす可能性があることを示唆していますが、製造業者およびサプライネットワークの上で関わる企業はこのようなリスクに対する態勢が十分であるとは言えません。インダストリー4.0時代においてサイバーリスクに十分対応していくには、「予防(Secure)」「発見(Vigilant)」「回復(Resilient)」力のあるサイバーセキュリティ戦略を整備することはもちろん、初期段階から組織的かつ情報技術戦略に完全に統合させておく必要があります。

・・・続きは『資料ダウンロード』

(PDF;5.00 MB)
サイバーリスクサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください

サイバーリスクサービスTOP

サイバーセキュリティマネジメントサービス 一覧

プライバシー・個人情報保護サービス 一覧

サイバーリスクサービスのお問い合わせ

サービス内容、並びに、取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記フォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

>> オンラインフォームよりお問い合わせを行う <<

お役に立ちましたか?