最新動向/市場予測

デジタルコマースへの近道

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)におけるビジネスモデルの再構築

COVID-19の収束が見えない中、企業はこれまでの思考のパターンを打破し、新しい環境で成長するために知恵を絞る必要があります。デジタルコマースは、このような状況下でどのように自社のビジネスモデルを適応させるかを再考する好機となります。

不確実で加速的に変化する時代にどのように対応するか

COVID-19の収束が見えない中、企業はこれまでの思考のパターンを打破し、新しい環境で成長するために知恵を絞る必要があります。デジタルコマースは、このような状況下でどのように自社のビジネスモデルを適応させるかを再考する好機となります。

現状においてデジタルコマースを再構築するにあたって、重要な要素が二つあります。

デジタルコマースへの近道 (PDF, 4.1MB)

1.マーケットプレイス

組織は、新しい環境下において、新しいデジタルチャネル、新しいパートナーシップ、新しいビジネスモデルを検討する必要があります。

 

新しいデジタルチャネル

需要の変化に伴い、サプライチェーンの力点を従来からシフトする必要性が生まれています。B2Bモデルを取っている販売店やメーカーはD2C(Direct-to-Consumer)チャネルを検討し、現在オンラインストアを持っていない小売店舗はデジタルコマースを確立することから始めなくてはなりません。こういった対応を迅速に行うために、テクノロジーの活用が重要となります。

 

新たなパートナーシップ

新しいパートナーを見つけて連携することで、企業は現在の状況に迅速に対応し、新しい市場へのリーチを拡大することができます。

 

新しいビジネスモデル

需要減少による過剰在庫のリスクは、マーケットプレイスのプラットフォームに投資することで軽減される可能性があります。

2. スピードというニーズ

迅速なデジタルコマースの構築(または再構築)のための重要な考慮事項は以下のとおりです。

 

最小限の実行可能な製品

最も重要で必須の機能にフォーカスすることが最初の市場投入を成功させる要因となります。

 

すぐに利用可能な機能

カスタマイズの必要性を最小限に抑え、初期セットアップと継続的なメンテナンスコストを削減するために、すぐに利用可能な製品機能を利用することが肝要です。

 

重要な統合

ローカルのデータソースやビジネスロジックを使用して実装できる配送やその他の機能よりも、商品の選択や支払いなどの重要な統合を優先することを検討します。

 

カスタマイズに関するルールの再検討

ビジネスとソリューションに実装するモデルやオペレーションのルールをいくつか緩和してもよいでしょう。

 

マニュアルによる回避策

返品管理やカスタマーサービスなどの機能を見直し、ビジネスおよびIT オペレーションの柔軟性を高める必要があります。

お役に立ちましたか?