サービス

インシデント対応教育・訓練サービス

事案対応能力の向上を目的としたトレーニング

サイバー攻撃の脅威は日々増大しています。これら脅威に対応するには、インシデントの発生を前提とした対応方法を訓練する必要があります。インシデント対応演習では、具体的なインシデント発生を想定し、机上演習を実施します。また、ビジネスプロセスを意識した対応方法等をグループで話し合い、現状把握を行います。本演習では、緊急時の対応方針を理解し、参加者の共通理解を深めることで、インシデント対応の基本スキルを習得します。

事案対応能力の向上を図ることの重要性

昨今の標的型サイバー攻撃に代表される高度な攻撃は、従来型の予防対策(FirewallやIPS等による入口、出口対策)だけでは限界を迎えています。従来型のセキュリティ対策で全てのリスクを低減することは困難となっており、事故発生を前提とし、インシデント対応態勢を強化することでダメージコントロールを図ることが求められています。実際にインシデントが発生した場合、被害原因や影響範囲の把握、拡大防止、回復、社内外のステークホルダーへの報告等、担当者は様々な対応に迫られることになります。インシデント対応時に求められる知識や意思決定力を向上させるには、実践的なトレーニングが効果的です。トレーニング内容は、個々人のスキルアップを後押しするものから、組織内でのインシデント対応関係者全体の対応能力を向上させるものまで多岐にわたります。組織の体制やメンバーのスキル、課題点等を加味した上でトレーニングを選定することが重要です。

サービス概要

デロイト トーマツ グループは、グローバルレベルでの長年の経験に基づく独自の方法論を活用し、インシデント対応教育・訓練トレーニングを策定しています。現在3種類のトレーニングを用意し、組織の事案対処能力や目的に応じて、適切なメニューが提供可能です。

トレーニングメニューと事案対処能力の関係イメージ

インシデント対応教育・訓練サービス ブロウシュア

デロイト トーマツ グループは、グローバルレベルでの長年の経験に基づく独自の方法論を活用し、インシデント対応教育・訓練トレーニングを策定しています。現在3種類のトレーニングを用意し、組織の事案対処能力や目的に応じて、適切なメニューが提供可能です。

(922KB,PDF)


 サイバーリスクサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください

サイバーリスクサービスTOP

サイバーセキュリティマネジメントサービス 一覧

プライバシー・個人情報保護サービス 一覧

サイバーリスクサービスのお問い合わせ

サービス内容、並びに、取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記フォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

>> オンラインフォームよりお問い合わせを行う <<