サービス

ソフトウェア資産管理

ソフトウェア資産管理(SAM:Software Asset Management)とは、組織内で利用される実行可能ソフトウェア(例:OS、アプリケーションプログラム、ユーティリティプログラム )および非実行可能ソフトウェア(フォント、画像、様式、辞書 )を含むソフトウェア資産に係わるリスクを低減、回避する、リスクを管理するための一連の管理活動です。

ソフトウェア資産管理(SAM)に取り組むことのメリット

1. コンプライアンスの向上
ソフトウェアのライセンス体系の種類は多岐にわたります。中には複雑なものもありますが、それらを把握したうえで適切なソフトウェアの購入・利用を行わないと、意図せず違法コピー不正利用してしまう場合があります。ソフトウェア資産管理に取り組むことにより、ライセンス体系やインストールしているソフトウェアを把握できることから、このような法的リスクを回避し、コンプライアンスの向上を図ることができます。

2. コストの最適化
ソフトウェア資産管理を導入すると、組織が購入したソフトウェアライセンス及びインストールしているソフトウェアを現状把握ができるとともに、ソフトウェアの購入のニーズを把握できるようになることから、過剰購入を防ぐとともに、一括購入によるソフトウェア購入コストの最適化が図れます。また、ハードウェア、ソフトウェアの管理手続が統一化されるため、資産管理コストの最適化を図ることも可能です。

3. セキュリティの向上
組織内で利用しているソフトウェア及びそのバージョンを把握することによって、不正なソフトウェア(Winny、Share など)の利用や、セキュリティパッチのあたっていないソフトウェアを把握することができ、対策を実施することでセキュリティの向上を図ることができます。

4. 業務効率の向上
部署ごとに異なるバージョンのソフトウェアを利用していると、ファイルを開くことができないなど互換性の問題が発生し、業務上支障が出る場合があります。組織全体で統一したバージョンのソフトウェアを利用することで業務効率の向上を図ることができます。 

ソフトウェア資産管理の全体像(PDCAサイクル)