企業情報マネジメント|サービス:テクノロジーストラテジー&アーキテクチャー|デロイト トーマツ コンサルティング|Deloitte

サービス

企業情報マネジメント

デロイト トーマツ グループの企業情報マネジメントは、一元化された情報管理環境の構築に留まらず、レポーティングやモニタリング、フィードバックのプロセス定義までをカバーし、EIM(Enterprise Information Management:企業情報マネジメント)全体としてのマネジメントが機能するためのプロセスを提案します。

関連コンテンツ

デロイト トーマツ グループの企業情報マネジメント(EIM)

企業情報マネジメント(EIM:Enterprise Information Management)とは、企業のビジネス環境において、分断されている情報を統合して管理する為の包括的なアプローチを指します。企業内のデータやもととなるアプリケーションの把握、リポジトリの連携、そして管理ツール間の相互運用性の確保を行うことで、一元化された情報管理環境を整え、収集されたデータの正確性、一貫性、完全性を担保します。

デロイト トーマツ グループが提案する企業情報マネジメントは、一元化された情報管理環境の構築に留まりません。企業のマネジメントスタイルや企業文化の違いによって、あるいは意思決定を行う階層によって求める情報の違い、あるいは意思決定タイミングの違いを考慮した上で、その情報収集及び意思決定を支援する為の情報分析やレポーティング、意思決定を行った後にその出した指示がその通りに行われているか、何らかのアクションをとった結果思い通りの改善が得られているのか、と言った点に関するモニタリングまでを含んでいます。収集した情報を分析し、その内容を人が判断したうえで現場に指示を出し、改善の実行状況に関する情報も含めて、経営管理全体にわたって必要になる情報を収集・分析することが重要です。

デロイト トーマツ グループでは企業情報マネジメント(EIM)の実現に向けて、企業に応じたあるべきマネジメントの姿を明確にすることに重点を置いており、その上で各企業の情報マネジメント環境に合わせた実現のロードマップを策定し、導入・稼働・モニタリングに至るまでをご支援しています。