News

Transfer Pricing Update and M&A Trends 移転価格税制のアップデート及びM&Aの動向

Japanese Services Group Roundtable

We are delighted to invite you to a Japanese Services Group Roundtable seminar at Deloitte's Melbourne office on Transfer Pricing and Mergers & Acquisitions (M&A).

Multinationals are coming under increasing scrutiny and pressure, following public criticism for structuring their international tax affairs to minimise tax. The Australian Government (presiding at the G20 summit in November) and other key international leaders (including Japan) are determined to combat this issue, commonly referred to as ‘base erosion and profit shifting’ (BEPS). The Australian Government has taken recent action on BEPS, including making important reforms to Australia’s transfer pricing rules and commencing a new compliance program on International Structuring and Profit Shifting (ISAPS).

 

This will be an interactive session designed to help you understand:

  • The key focus areas in the transfer pricing arena and hot BEPS-related topics for the NTA and the ATO
  • The key practical implications of Australia’s new transfer pricing rules, with a focus on Japanese cross border transaction flows.
Transfer Pricing Update and M&A Trends

This session will be presented in Japanese by our Deloitte transfer pricing specialist, Patrick Giles-Jones. Seminar materials will also be prepared in Japanese.

In addition to a global increase in focus on transfer pricing, there has been recent press regarding the acquisition of foreign companies by Japanese multinationals, and in-out cross-border deals by Japanese companies have been increasing. Our Deloitte corporate finance team will present on how Japanese multinationals can conduct successful M&A in the Australian market. This part of the seminar will focus on the following:  

  • Recent M&A trends
  • Overview of M&A process (M&A strategy, Transaction execution and PMI)
  • Key points of each phase for successful M&A.

This M&A session will be presented in Japanese by our Deloitte corporate finance team member, Toru Tsutomi.

We would also like to invite you to join us for drinks and canapés at the closure of the session.

***

デロイト・メルボルンでは、下記のセミナーを開催いたしますのでご案内申し上げます。
今回のセミナーのトピックとしまして、「BEPSに関わる移転価格税制アップデート」及び「M&Aの動向及びM&A成功に向けた留意点」の2つをご用意させて頂いております。

トピック1: 移転価格税制アップデート(プレゼンター:パトリック・ジャイルズ・ジョーンズ)

近年、税負担削減を目的としてグーグルやアマゾンなどの多国籍企業の低税率国を利用したアグレッシブなタックスプランニングやストラクチャーが非難を受けており、その対応が急がれております。今年の11月に開催されるG20サミットにて議長国となるオーストラリア政府は、この会議にて主導的な役割を果し、日本を含む他の主要国と協力しながらOECDのBase Erosion and Profit Shifting (BEPS – 課税ベース浸食及び利益移転)への対応に力を注いでおります。これを背景に、昨年改正された移転価格税制はオーストラリア税務当局 (ATO) の注目しているエリアの一つとなっており、そのコンプライアンス活動の一環としてInternational Structuring and Profit Shifting (ISAPS)プログラムが新設されております。

本セミナーでは改正された移転価格税制及び新ガイダンスが、日系企業にどのような影響があるのか、 について以下の点に焦点を当てて解説させて頂きます。

•    BEPSに関連して、今後ATO、国税庁 が注目してくると思われるエリアとは?
•    新ルールを巡る日豪間の取引における実務的な問題点

本セミナーにつきましては、弊事務所移転価格専門家のパトリック・ジャイルズ・ジョーンズから日本語にて説明させて頂きます。また、セミナー資料は日本語版を用意いたします。

トピック2: M&Aの動向及びM&A成功に向けた留意点 (プレゼンター:津富 暢)

昨今日系企業による大型の海外企業の買収などのニュースが多く出ており、日系企業によるIn-outのクロスボーダーディールは増加傾向にあります。
そのような中で、本セミナーではデロイトコーポレートファイナンスチームより、日系企業がM&Aを成功させるためのポイントにつきご説明させて頂きます。
当日は以下の点にフォーカスを当てて実施させて頂きます。
•    昨今のM&Aのトレンド
•    M&Aのプロセス (M&A戦略策定、案件実行、PMI)
•    各フェーズにおける留意点

本セミナーにつきましては、弊事務所コーポレートファイナンスチームの津富 暢から日本語にてご説明させて頂きます。また、セミナー資料は日本語版を用意いたします。


またセミナー終了後、ご歓談の場としてドリンク等もご用意させて頂きますので、奮ってご参加ください。

Event details:
 

Date:     2 December 2014
Time:    3.00 – 6.00pm (registration commences at 2.45pm, with drinks and canapés to be served after the session)
Venue:  Deloitte, Level 10, 550 Bourke Street, Melbourne.
 
RSVP:   By 3 November 2014  
               Accept, I would like to attend
               Decline, I am unable to attend

If you have any queries, please contact Leesan McLeish on +61 3 9671 7229.

Did you find this useful?