コーポレート情報

デロイト トーマツ税理士法人における女性活躍推進について

デロイト トーマツ税理士法人では、女性活躍をDiversity, Equity & Inclusionの重要テーマのひとつとして取り組んでおり、女性活躍に関する2026年までの数値目標・行動計画を策定しました。

理事長からのメッセージ

デロイト トーマツ税理士法人では、女性の活躍において既にグループの他のビジネスを大きくリードしていますが、高齢化が進む日本で持続的成長を実現するには一層の向上が不可欠です。

労働時間や働く場所を現在の延長線上ではなく、革新的な視点で見直すことで、女性にとってより働きやすい職場を目指します。

2026年までに女性管理職比率を37%まで高め、女性パートナー/マネージングディレクター比率は長期的目標である45%へのマイルストンとして24%を目指します。女性トップマネジメントについては今後具体的なサクセッションプランを策定しながら、5名以上を目標とします。

 

デロイト トーマツ税理士法人
理事長 松宮 信也

行動計画概要

計画期間

2021年6⽉1⽇〜2026年5⽉31⽇
 

数値目標

・ 女性管理職比率:37%
・ 女性パートナー/マネージングディレクター比率:24%
・ 女性のトップマネジメント:5名以上

 

取組方針 

取組方針

取組内容

女性パートナー/マネージングディレクター登用の強化

・女性パートナー/マネージングディレクター候補およびシニアマネジャー/マネジャー候補への育成担当パートナーのアサイン・個別育成計画の実施 
・登用候補者を対象とした研修の実施

女性管理職/スタッフ層の昇格・定着強化

・評価プロセスにおけるアンコンシャスバイアス(非意識の偏見)の排除に向けたモニタリングの実施
・女性職員から女性パートナーおよび女性管理職メンバーへの相談体制の構築(メンターシッププログラムの実施)

働きやすさの実現

・多様な働き方を可能にする「Working Program(育児・介護・不妊治療中のメンバー向けの両立支援)」の運用徹底
・男性育休促進に向けた制度案内整備やニュースレター等での事例共有による啓蒙活動
・女性職員を含むInclusionを促進するための各種研修の実施

お役に立ちましたか?