コーポレート情報

デロイト トーマツ税理士法人における女性活躍推進について

デロイト トーマツ税理士法人では、女性活躍をダイバーシティ&インクルージョンの重要テーマのひとつとして取り組んでおり、女性活躍に関する2020年までの数値目標・行動計画を策定しました。

理事長からのメッセージ

デロイト トーマツ税理士法人では、女性の活躍において既にグループの他のビジネスを大きくリードしていますが、高齢化が進む日本で持続的成長を実現するには一層の向上が不可欠です。

労働時間や働く場所を現在の延長線上ではなく、革新的な視点で見直すことで、女性にとってより働きやすい職場を目指します。

2020年までに女性管理職比率を45%まで高め、女性パートナー・ディレクター比率は長期的目標である45%へのマイルストンとして25%を目指します。女性トップマネジメントについては今後具体的なサクセッションプランを策定する中で、現状維持または増員を目標とします。

 

デロイト トーマツ税理士法人
理事長 松宮 信也

行動計画概要

計画期間

2016年4月1日~2020年5月31日
 

数値目標

・ 女性管理職比率:45%
・ 女性パートナー・ディレクター比率:25%
・ 女性のトップマネジメント:1名以上

取組方針および実施時期 

取組方針

取組内容(括弧内は実施時期)

風土改革

・ 風土改革のための体制整備(2016年5月末まで)
・ 体制運用・モニタリング(~計画期間内)

女性トップマネジメント育成

・ サクセッションプランとの連携実施(~計画期間内)

女性管理職育成

・ 女性育成方針策定(2016年6月末まで)
・ 女性育成体制整備(2016年9月末まで)
・ 育成計画作成(2016年10月末まで)
・ 体制運用・モニタリング(~計画期間内)

若手のキャリア育成

・ 育成支援施策整備(2016年末まで)
・ 体制運用・モニタリング(~計画期間内)

働きやすさの実現

・ 両立支援施策の方針検討(2016年9月末まで)
・ 両立支援施策の運用・モニタリング(~計画期間内)

数値目標に係る現状データ

(2015年10月1日現在)

・ 管理職に占める女性割合:39.8%
・ パートナー・ディレクターに占める女性割合:21.4%
・ 女性のトップマネジメント:1名

お役に立ちましたか?