サービス

国連CDM有効化審査/検証/認証

トーマツ審査評価機構は、世界の持続可能な発展に寄与するCDM(クリーン開発メカニズム)プロジェクトを促進するために、国連CDM理事会にDOE(Designated Operational Entities:指定運営組織)として申請し、2006年5月の第24回CDM理事会において、DOE認定を受けました(No.E-0006)。

関連コンテンツ

有効化審査からCDM登録までの流れ

1. 審査計画の策定、審査実施の準備
お客様が作成されたプロジェクト設計書(PDD)にもとづいて、審査計画を策定します。この際、より効果的かつ効率的な審査を計画するために、プロジェクトの概要や実施体制などについて、簡単なヒアリングを実施することがあります。

2. デスクレビュー
PDDならびに関連資料に基づいて、プロジェクトがCDM規定の要求事項を満たしているか、手続書やチェックリストを用いて検討します。また、必要に応じて、追加的に資料や情報を収集します。

3. フォローアップ・インタビュー
デスクレビューの結果を踏まえ、追加的な情報収集手続きとしてフォローアップ・インタビューを実施します。インタビューの対象は、お客様のみならず審査対象プロジェクトの関係者や利害関係者も含みます。また、インタビュー方法は、面談あるい電話等によって行います。さらに、必要に応じて、審査対象プロジェクト予定地及びその周辺の視察を実施します。

4. パブリック・コメント
トーマツ審査評価機構のWebページにPDDを掲載して、パブリック・コメントを募集します。

5. 発見事項の指摘
審査の結果発見された事項を取りまとめかつ評価して、お客様にお伝えします。発見事項は次のように分類されます。
•是正要求【CAR】:CDM規定に適合しない事項、あるいは排出(削減)量の算出に著しい影響を与える恐れのある事項
•確認事項【CL】: 実施内容及び記載内容について明確でなく、追加的な情報が必要な事項

発見事項に対しては、お客様と弊社の双方が納得できるよう、十分な意見交換を行います。PDDならびに関連文書は、双方の合意に基づき、修正をお願いすることがあります。

6. 最終審査報告書の作成
発見事項に対するお客様のご対応を確認した後、最終審査報告書を作成します。

7. 審査結果報告会
審査結果報告会を開催し、審査結果のご報告をするとともに、最終審査報告書を提出します。

8. CDM登録申請
CDM理事会及びUNFCCCの定める手続きに従って、CDM登録申請手続きを行います。