サービス

観光アナリティクス

観光客が感じる価値をデータから読み解く

観光アナリティクスは、Web上に投稿された観光のクチコミデータに先端的な分析技術を適用することで、これまで把握しきれなかった観光客が感じる価値を定量的に明らかとし、観光客目線での施策検討を支援するサービスです。観光客にとって魅力的な観光プロモーションや旅行商品の企画、地域づくりといった観光振興施策に活用することが可能です。

観光アナリティクス 資料ダウンロード

観光アナリティクス 資料のダウンロードは、こちらからお願いいたします。

(1.4MB,PDF)

クチコミデータの活用による観光客目線のニーズ分析

旅行形態が団体から個人にシフトし、個人のニーズが多様化している現代において、観光振興を推進していくためには、観光客目線での魅力ある地域づくりやサービス企画が求められます。ところが、この“観光客目線”というものを把握することは難しく、その重要性は分かっていても結局のところ自治体や専門家の主観・経験で観光振興が検討されているのが現状です。

観光客目線でニーズを把握するには、実際に観光客が発するデータと、そこから有用な情報を抽出するアナリティクスの活用が有効といえます。その手段の一つとして、Web上に投稿された観光のクチコミデータを活用することが期待されます。観光地のクチコミからは、観光地の情報とそこでの体験や評価に関するコメント情報、また性別や年代、同行者など観光客(投稿者)の属性情報、満足度得点などの情報を得ることができます。

これらの複合的な情報にトーマツが独自に開発した分析技術(特許出願中)を応用することで、観光客から見た各観光地の特徴を把握したり、各観光客層の価値観を定量的に明らかにしたり、観光客満足を向上させる観光地の価値を把握することができます。こうした分析的アプローチによって得られる“観光客目線”の知見を活用することで、地域は具体的に何をアピールすべきで何を改善すべきなのか判断でき、ターゲット層に応じた魅力ある旅行商品の企画や満足度を高める施策の検討などに活用することができます。

サービスメニュー

分析対象の規模と該当するメニュー項目

分析対象となる観光地が多いほど多くのクチコミデータを使用できるので、より多様な分析を行うことができます。また、対象となる観光地で十分なクチコミが得られない場合でも、他の観光地のクチコミデータを使用して観光地の特徴や観光客の価値観をモデル化(特徴を一般化)すれば、その知見を適用することが可能となるので、潜在的なニーズを発見できます。

3

分析アウトプットの例

※上記は提供する分析アウトプット資料の一例となります。

観光客の目線と地域の目線を融合したコンサルテーション

デロイト トーマツ グループでは地方自治体を対象とした監査やコンサルティングサービスの実績も多く、また全国に約40拠点の地区事務所を構えており、地域での強固なネットワークを保有しています。データ分析から得られることに加え、地域ならではの特性や実情を踏まえた施策を検討することが可能であり、観光客の目線と地域の目線の両方を融合して観光振興の支援をすることができます。

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。