サービス

Risk Analytics on Cloud

最新のテクノロジーと豊富なナレッジにより、リスクの早期発見を実現する

Risk Analytics on Cloud(リスク アナリティクス オン クラウド)は、大手国内監査法人初のクラウドベースのリスク分析サービスです。これにより、初期投資を抑えながらも最新のリスクに対応した分析を常時利用することが可能となり、適時・適切にリスク対応することができます。

Risk Analytics on Cloudとは

Risk Analytics on Cloud(リスク アナリティクス オン クラウド)は、大手国内監査法人初*1のクラウドベースのリスク分析サービスです。

デロイトのグローバルかつ豊富な事例と経験を基に、リスクシナリオ*2と分析ロジックを分析アプリケーションとして独自開発し、Deloitte Analytics Cloud(デロイトアナリティクスクラウド)*3上で提供します。これにより、初期投資を抑えながらも最新のリスクに対応した分析を常時利用することが可能となり、適時・適切にリスク対応することができます。さらに、適時更新される最新のリスクシナリオと使い続けることで蓄積したデータによって、分析精度は高まっていきます。

経営企画部門・経理部門においては多数ある子会社や事業のリスクの早期発見、内部監査部門においては効率的・効果的な監査が期待できます。

*1: 当法人調べ。2017年度の業務収入上位4法人で初。
*2: あらかじめ用意されているリスクシナリオの中から選択して利用いただきます。本サービスにおいては個別対応でのリスクシナリオの追加・変更は実施していません。個別対応についてはお問合せください。
*3: Deloitte Analytics Cloud(デロイトアナリティクスクラウド)は、国内複数のデータセンターでサイバーセキュリティの監視を24時間365日行うことで高セキュリティと高可用性を確保しているデロイト トーマツ グループが保有するプライベートクラウドです。

Risk Analytics on Cloudのご紹介 (PDF, 1.6MB)
※クリックで別ウィンドウ拡大表示します

個別アプリケーションご紹介

※ アプリケーション名をクリックすると、概要が閲覧できます。

個別アプリケーション

> 子会社分析アプリケーション

子会社の財務数値の異常な変動を捉え、業績悪化や不正リスクを分析します。子会社の不正リスク、事業リスクを対象としています。

■対象となるリスク例

架空収益、負債/費用の隠蔽、経常時期操作、成長性低下、収益性低下

■課題とメリット

【課題】
  • 経営企画部門や経理部門は子会社の業績悪化や不正のリスクをいち早く捉えたかったが、地域統括会社や事業部から、適時に客観的な情報を得られていない
【メリット】
  • 全ての子会社を分析することで、異常な傾向を示す子会社と関連するリスクを漏れなく発見することが期待できます
  • 経営企画部門や経理部門は、重大事象を早期発見が可能、対策することで損失拡大を防ぐことが期待できます
  • 内部監査部門は、効率的・効果的な監査の実現が期待できます

■分析イメージ

  
子会社のリスクスコアランキングと推移
リスクシナリオ該当会社の財務指標の推移
> 経費・労務分析アプリケーション

架空経費、二重支払等の経費不正リスク、長時間時間外労働等の労務リスクを分析します。従業員の経費不正や、時間外労働時間の過少申告といったリスクの発見を目指します。

■対象となるリスク例

経費における架空請求、水増し請求/労務における労働時間の虚偽申告、法令違反

■課題とメリット

【課題】
  • 経費不正の懸念があるが、根本的な解決策がない
  • 働き方改革を推進しているものの、労務実態の適時把握、施策実施後の効果測定が課題
【メリット】
  • コンプライアンス部門は、経費不正リスクがある部署・担当者の効率的な発見が期待できます
  • 人事部門は、時間外労働時間の過少申告など労務リスクがある部署や従業員の効率的な発見が期待できます
  • 牽制効果を発揮し、組織のコンプライアンス意識の向上が期待できます

■分析イメージ

部署のリスクスコアランキングと推移
労務リスクの高い担当者の残業時間とPCログ
> 購買分析アプリケーション

子会社の財務数値の異常な変動を捉え、業績悪化や不正リスクを分析します。購買における不正やエラーなどのリスクを網羅性、適時性、効率性をもって発見することを目指します。

■対象となるリスク例

架空会社を通じた請求、不必要な購買、二重請求、水増し請求によるキックバック受領

■課題とメリット

【課題】
  • 購買に係る不正や人的エラーが発生している
  • 不正やエラーに対して管理部門や内部監査部門はサンプリングによる確認に留まり、見逃しが起きている
【メリット】
  • 購買部門、調達部門、経理部門は、購買に係る全取引を分析することで、不正や人的エラーを効率的に発見、不正発生の抑止が期待できます
  • リスクの高い取引、部署、担当者、取引先を効率的に発見でき、効率的な対応が期待できます
  • 日々収集される取引データを分析することで、リスクの兆候を適時に把握することが期待できます
  • 内部監査部門は、リスクの高い取引や取引先を把握することで監査対象を絞り込むことができ、効率的かつ効果的な監査が期待できます

■分析イメージ

未承認仕入計上リスク該当者の取引件数・金額と発注日と納品日の乖離日数

Risk Analytics on Cloudの対応課題と提供価値

※クリックで別ウィンドウ拡大表示します

Risk Analytics on Cloud 動画

プロフェッショナル

染谷 豊浩/Toyohiro Sometani

染谷 豊浩/Toyohiro Sometani

有限責任監査法人トーマツ ディレクター

20年以上に渡り、統計分析や機械学習、AI導入等の多数のデータ活用コンサルティング業務に従事。 同時に数理モデル構築やディシジョンマネジメント領域でのソフトウエア開発、新規事業やAnalytics組織の立上げなどの経験を通じて数多くの顧客企業のビジネスを改善。 リスク管理、マーケティング、不正検知、与信管理、債権回収、内部統制・内部監査などの幅広い分野でAnalyticsプロジェクトをリードしてい... さらに見る