ナレッジ

CEO×CFOで難局を突破せよ

求められる”目利き力”とリーダーシップ

ダイヤモンド社刊行の財務戦略をテーマにした別冊冊子に、デロイト トーマツ グループ各ファンクションから寄稿しました。「CEO×CFO」をコンセプトとし、トップマネジメントの視点から、企業価値を高めるために取り組むべき重要な経営課題として、最新の財務戦略上のテーマを捉え、その課題解決に役立つ情報を提供しています。(「プロ経営者の教科書 CEOとCFOの必修科目」DIAMOND MANAGEMENT FORUM 2015年春号掲載)

関連コンテンツ

CEO×CFOで難局を突破せよ

日本企業を総体として見ると、収益性や成長性において、欧米系のグローバル企業とは相当の開きがある。一つの理由は、“足し算”はできても“引き算”ができない日本企業の体質にある。厳しいグローバル競争を勝ち抜くためには、自身の得意を見極めたうえで、事業売却などの引き算も視野に入れる必要がある。将来を描き、大局的な見地に立った変革を決断、実行するためには、「フィナンスのわかるCEO」と「ビジネスのわかるCFO」のリーダーシップが求められている。

デロイト トーマツ コンサルティング
CFOプログラム
執行役員 パートナー
日置 圭介

総論記事全文PDFダウンロードはこちら

●“引き算”のできない日本企業
●グローバル化という環境変化で求められる強力なリーダーシップ
●ファイナンス組織に求められる守りと攻めの役割とは
●変わり始めたCFOたちが企業の変革をリードする
●日本企業のCFOが取り組むべきアジェンダ
●真の変革を実行しグローバルに誇れる企業に

(850KB,PDF)

「プロ経営者の教科書」とは

本誌は2015年3月30日発売の「週刊ダイヤモンド」および2015年4月10日発売の「DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー」の定期購読者、また、ダイヤモンド社が保有する企業役員データベースの中から、全上場企業(約3,500社)のCEOとCFOに進呈された冊子です(非売品)。

デロイト トーマツ グループからは下記の通り、各ファンクションで寄稿をしております。

CEO×CFOで難局を突破せよ 求められる”目利き力”とリーダーシップ
総論

デロイト トーマツ コンサルティング
CFOプログラム 執行役員 パートナー
日置 圭介

 

拡大する日本企業のクロスボーダーM&A CFOの戦略的な能力向上がカギ
クロスボーダーM&A

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー
コーポレート ファイナンシャル アドバイザリー統括パートナー
田村 晃一

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー
M&Aトランザクションサービス
アジア太平洋地域統括パートナー
福島 和宏

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー
コーポレートストラテジーサービス統括パートナー
前田善宏

 

グローバル競争に勝つための見えざる手とは
グローバル・タックス・マネジメント

税理士法人トーマツ 移転価格サービス
タックスマネジメントコンサルティング
パートナー 公認会計士 税理士
足立 佳寛

税理士法人トーマツ
移転価格部門ナショナルリーダー
マイケル・タバート

デロイト タックス
移転価格サービスグループ
プリンシパル
アリンダム・ミトラ

 

経営を支えるインフラとして高まるシェアード・サービスの必要性
シェアード・サービス進化論

デロイト トーマツ コンサルティング
執行役員 パートナー
信國 泰

デロイト トーマツ コンサルティング
シニアマネジャー
三上徳朗

CFOの“the Trusted Advisor"となるために

デロイト トーマツ グループでは、様々な課題に直面するCFOを支え、ファイナンス組織の能力向上に寄与することを目指したサービスを展開しています。われわれは、グローバルに展開するプロフェッショナルファームとして先進的な知見やネットワークの場を提供し、CFOにとっての“the Trusted Advisor"となることを目指します。

関連サービス

CFOプログラム
CFOサービス
お役に立ちましたか?