サービス

経理・経営管理PMI

M&A後の企業文化の統合及びシナジー効果の実現に向けて、CFO組織のビジョン・ミッションの策定、経理・財務の機能分担整理、会計処理ルール統合、業務プロセス設計等を実施し、決算等が問題なく実施できる経理体制を整備します。また、Day1後のモニタリング・改善、決算の早期化やCMS構築等、さらなる効率化・高度化の取り組みを推進し、組織の付加価値の向上を実現します。

環境の変化に強いCFO組織を構築するために

日本企業は、海外へのビジネスの展開を進める中、グローバル企業との競争にさらされており、これまで以上にCFO組織の強化が求められています。その中で、経理・経営管理PMI(Post Merger Integration)は、CFO組織の攻めの役割の一つとして非常に重要です。

<経理・経営管理PMIのサービスアジェンダ>
 1 目指すべき姿の定義
  ・統合後のCFO組織のビジョン・ミッションを定義
  ・組織再編・商流の変更を踏まえたDay1の組織・業務・システムの姿の定義
  ・税務・資金効率等、付加価値を高めるDay2の姿の定義
  ・目指すべき姿の実現に向けたロードマップを策定

 2 Day1マネジメント
  ・Day1を確実に迎えるためのタスクスケジュールの策定およびそれを遵守するためのプロジェクトマネジメント支援
  ・会計処理ルールの統合
  ・会計システムの統合
  ・新体制での採用会計基準へのコンバージョンを検討し、決算プロセス及び決算スケジュールを策定
  ・Day1における業務運営開始に向けて、準備されているべき必須事項を明確化し、稼動判定を実施
  ・Day1後のモニタリングと、改善計画の策定・実行

 3 目指すべきCFO組織の実現
  ・経理業務の統合・最適化
  ・ITの標準化/最適化、地域シェアードサービスの導入、ガバナンス体制の整備
  ・グループ全体での資金効率の向上に向けたグローバルキャッシュマネジメントの導入
  ・経営管理指標・レポート作成プロセスの効率化、および予算編成プロセスの効率化

M&Aを機会にCFO組織の付加価値の向上を実現するために

デロイト トーマツ グループが支援する経理・経営管理PMIは以下の強みがあります。

1. 各専門家の連携による実効性の高い施策の検討
デロイトのグループネットワークを活かし、財務/税務/ビジネス/監査分野のプロフェッショナルが連携して、貴社の業務・課題を十分に踏まえた最適なソリューションを提案

2. 豊富なプロジェクト実績に基づく実現可能性のある施策の提供
デロイトはクロスボーダーで事業展開する先進企業へのプロジェクト経験を豊富に有し、先進事例と照らして、貴社にとって有効かつ実現性の高い施策の立案・実施を支援

3. 確立された方法論&ツール活用による効率的なプロジェクト運営
グローバルでのプロジェクト実績に裏付けされた方法論をベースに、日本での実績を加味した標準テンプレートを活用して、迅速かつ効率的にプロジェクトを推進