サービス

ハンズオン型業績向上支援

企業価値向上のための「ハンズオン型」の実行支援

事業計画との乖離が大きくなっている企業やファンドの投資先が直面する様々な経営課題の解決のご支援をハンズオンで提供いたします。売上向上、コストダウン、運転資本の改善等、様々なテーマについて取り組むことが可能です。デロイトの豊富なナレッジ、アセット、エキスパート人材を組み合わせ、テーマに応じて最適なプロフェッショナルをクライアント企業、現地に派遣・常駐させて実行を支援いたします。

本格的な業績改善を主導

業績改善と一言に言っても、問題の構造は多岐に亘ります。自力で改善策や施策の立案を行うも、実行可能性や実行に必要なケイパビリティが検証されないまま、事業計画が立案されているケースも多くあります。デロイトでは、業績悪化について、構造的な窮境原因を究明し、その除去を支援いたします。海外事業のバリューアップの要所を抑えたプロフェッショナルが、適宜にデロイトの現地メンバーファームとも連携をしながら、まずは現状の事業計画、施策の評価から着手し、施策の立案とテーマ毎の優先順位付等を行い、業績回復に向けた取り組みを伴走して支援いたします。

なぜ「実行」は難しいのか

戦略構築、施策策定までは行うも中々業績回復に結びつかないケースにおいては、往々にして実行面に課題があります。「戦略の実行」の重要性及びその困難さを認識し、業績目標の達成や経営課題の解決が思うように進まず、その実行力自体に課題を感じている日本企業は、少なくありません。 
 

パターン1:計画自体に問題がある

  • 計画が実態に即しておらず、そもそも無理がある
  • 経営課題の解決に繋がる計画となっていない
     

パターン2:現場に納得感がない

  • 計画の立案部署と実行に責任を負う部署が異なり、現場が当事者意識を持っていない
  • 新たな取り組みが増えることによる業務負荷の増大に対する懸念や、新たな領域に踏み出すことへの心理的な負荷が大きい
     

パターン3:目標達成への道筋が描かれていない

  • 目標達成のための打ち手が漠然としていて、明確になっていない
  • 戦略を実行に移す前に阻害要因の検討が行われておらず、場当たり的な「もぐらたたき」に終始している
     

パターン4:リソースが不足している

  • 十分な人員がおらず、現業が優先されてしまう
  • 計画実行のための専門的な知識・経験が不足している

ハンズオン型、業績向上サービスにおけるデロイト トーマツの価値

デロイト トーマツは、高難易度の案件に対応するために、幅広い専門性・コミットメント・コミュニケーション・柔軟性・海外案件・経営危機対応等に優れる多様なバックグラウンドの人材ポートフォリオを備えており、案件ごとに最適なチームを組成し、クライアントの国内外における売上向上・コスト削減・経営基盤強化など様々なテーマへの取り組みをご支援いたします。

1. Specialty(各領域における専門性)

従来のFAS業務はもちろんのこと、益々ビジネス面まで踏み込んだバリューアップが求められていますが、デロイトは、多様なバックグラウンドの人材プールを備え、案件ごとに最適なチームを組成します。
 

2. Commitment(対象会社以上の強い当事者意識)

クライアント・対象会社の業績目標の達成や経営課題の解決に向けて、オーナーシップとコミットメントを持ってご支援に取り組みます。 
 

3. Communication(共感力と推進力を両立したコミュニケーション)

現場の想い・悩みに理解を示しつつ、時にクライアント・対象会社を鼓舞し、計画実行の必要性を繰り返し伝えるようなコミュニケーションを行います。 
 

4. Flexibility (様々な変化に対応する柔軟性)

クライアント・対象会社の企業風土や人間関係、事業課題が変化していく中で、自らのスキル領域やスタイル、PJスコープに囚われず、変化に対して柔軟に対応します。 
 

5. Crisis (有事対応における豊富な知見)

改革のタスクを着実に遂行し、社内のコミュニケーションハブとなることで、有事に頻発する利害関係者のコンフリクトを解消します。 
 

6. Cross-border (クロスボーダー案件への対応力)

国内・海外を問わず、経営基盤強化、構造改革、M&A、PMI等の非連続な局面でクライアント・対象会社を強力にご支援いたします。 

プロフェッショナル

稲川 直樹/Naoki Inagawa

稲川 直樹/Naoki Inagawa

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

米系コンサルティングファームを経て、2019年にデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社。 過去20年にわたり、消費財、旅行・運輸、小売業界を中心に、企業再生・事業再生・新規事業開発・成長戦略・ビジネスモデルデザイン・マーケティング・投資戦略など幅広い領域に従事。 直近7年間ではデジタルトランスフォーメーション推進、デジタル事業の構想・構築・運営、JVの設立・運営などデジタ... さらに見る

山西 顕裕/Akihiro Yamanishi

山西 顕裕/Akihiro Yamanishi

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

米系コンサルティング会社、欧州系戦略コンサルティング会社を経て、現在のデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社。 海外子会社の再生計画策定、海外企業とのJV設立支援、ポートフォリオ分析、パフォーマンスインプルーブメント等の各種再生・再編業務の豊富な経験を有する。 再生・再編業務以外では、総合電機、IT企業、製造業等のさまざまなインダストリーにおいて、M&A戦略策定、ビジネス... さらに見る

神田 誠/Makoto Kanda

神田 誠/Makoto Kanda

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー マネージングディレクター

不動産アドバイザリー副統括 大手投資銀行、大手アパレル会社、経営コンサルティングファームを経て、2015年にデロイトトーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社へ参画。 様々な業種・規模のクライアントに対して、M&Aアドバイザリー業務から、事業再生、組織再編、及びパフォーマンスインプルーブメント(経営管理、R&D、営業、マーケティング、製造、物流等の各種オペレーション)に至るまで、幅広い領域に... さらに見る