FinTechの成立と既存金融機関への影響

ナレッジ

FinTechの成立と既存金融機関への影響

経済産業省 産業・金融・IT融合に関する研究会(FinTech研究会)への参加について

IoT・ビッグデータ・人工知能といった技術を使った革新的な金融サービスが、新たな産業を生み出し、産業金融のあり方や資金の流れを大きく変えていく可能性について幅広く議論を行い、政策上の課題や対応策を検討するため、経済産業省が開催している「産業・金融・IT融合に関する研究会(FinTech研究会)」に、デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員である荻生 泰之がモデレーターとして、参画しています。

経済産業省主催FinTech研究会概要

経済産業省が、IoT・ビッグデータ・人工知能といった技術を使った革新的な金融サービスが、新たな産業を生み出し、産業金融のあり方や資金の流れを大きく変えていく可能性について幅広く議論を行い、政策上の課題や対応策について各分野の有識者と検討するための研究会。

デロイト トーマツ コンサルティング執行役員 ディレクターである荻生 泰之がモデレーターとして参画、第2回(平成27年10月16日開催)では、プレゼンターとして「FinTechの成立と既存金機関への影響」について発表、 第3回(平成27年11月19日開催)では参考資料を提出しました。

FinTech発展の背景

右から2番目の最大化アイコンをクリックすると全体が確認いただけます

FinTechにおける成功要因

右から2番目の最大化アイコンをクリックすると全体が確認いただけます

お役に立ちましたか?