サービス

リース・クレジット会社向けのIFRS対応支援サービス

デロイト トーマツ グループでは、多様なニーズに対応すべく、会計関連アドバイザリー、教育研修プログラムサポート、IFRS導入におけるプロジェクトマネジメントサポート、IFRS導入に伴う新システム構築サポート、決算早期化サポート、などニーズに応じた多様なサービスを提供しています。

関連コンテンツ

【はじめに】

IFRSの任意適用が開始されて以降、国際会計基準(IFRS)の適用を表明する日本企業も増加傾向にあります。今後も日本企業の海外進出、海外での資金調達、海外におけるM&A等が増加していく方向性のなか、日本企業のIFRS任意適用はますます増加していく可能性があります。
このことは一般事業会社に留まらず、リース・クレジットの分野でもアジア・南米等への海外進出やクロスボーダー取引は増加しており、グローバルなものさしであるIFRSへの移行が、近い将来、不可避になってくることでしょう。
ここで、IFRS導入というと単に会計基準の変更と捉えがちですが、IFRS導入企業の中には、IFRS導入を契機にグローバルでの業務・システムの統一、財務会計と管理会計の一致、グローバルガバナンス態勢の整備、決算早期化・報告日統一などグローバル経営基盤の構築を目指すプロジェクトを立ち上げる例も少なくありません。
デロイト トーマツ グループでは、このような多様なニーズに対応すべく、会計関連アドバイザリー、教育研修プログラムサポート、IFRS導入におけるプロジェクトマネジメントサポート、IFRS導入に伴う新システム構築サポート、決算早期化サポート、などニーズに応じた多様なサービスを提供しています。
 

【インダストリーフォーカス】

デロイト トーマツ グループでは、金融部門の中にリース・クレジットセクターが存在し、リース・クレジットの知識・経験が豊富な専門スタッフが多数在籍しています。リース・クレジットの業界に精通したメンバーがIFRS導入支援に関与することで、特有な論点への対応もスムースに行うことが可能となり、IFRS導入企業にとってのストレスを極小化することができるのも、当グループの強みになっています。

【サービスのご案内】

【リース・クレジット会社向けのIFRSサービス】

IFRSへの対応は、リース・クレジット会社の現状や直面している経済状況、IFRS導入の目的や制約条件等によって異なります。そのため、いわゆるベストプラクティスとされるIFRS導入アプローチでは、かならずしも適切とは言えません。デロイト トーマツ グループでは、標準的なIFRS導入アプローチを有していますが、これをそのまま適用するのではなく、各社の個別事情を勘案したアプローチにより、リース・クレジット会社への豊富なサービス提供の実績と日本基準とIFRSの両方に精通した多数の専門家の知見・経験とを融合させた最適なサービスを提供します。また、IFRS導入を契機に信用リスクの高度化を図り、初期及び途上与信管理・債権管理・回収方針の策定等の業務改善やビックデータに基づいたマーケティング戦略の検討など、会計のみならず、業務やシステムの各領域をサポートすることも可能です。

【IFRSプロジェクトのアプローチ】

【リース・クレジット会社におけるIFRS論点】

リース・クレジット会社がIFRSを導入するに当たって、影響を受ける特有の主な項目としては次のようなものが考えられます。また、開示項目は従来よりも多くなることが想定されています。

  • 営業債権/営業収益(会員手数料・加盟店手数料・年会費収入)
  • ポイント引当金
  • 信用保証債務
  • 預り金/ギフトカード回収損失引当金
  • 貸倒引当金
  • 貸出未実行残高