出版物

ワークスタイル変革

価値を生み出し、生産性を高める新しい働き方

関連コンテンツ

グローバル化の進展、少子高齢化の本格到来、テクノロジーの進歩といった近年の環境変化の中で、私たちの働き方は大きな変革を迫られています。ワークスタイル変革は、労働生産性向上、残業時間削減、ダイバーシティ促進、ワーク・ライフバランス改善、コミュニケーション活性化、イノベーション創出等、さまざまな目的で語られ、日本企業の取り組むべき重点経営課題の一つとして取り上げられる一方で、多くの日本企業がニーズを感じながらも実践には及び腰であるという実態も明らかになってきました。

本書ではワークスタイル変革先進企業として、全日本空輸、リコー、味の素、SCSK等の事例を取り上げ、“スローガンや一過性の取り組みだけで終わらない”働き方を変えるための実践的・具体的手法についてご紹介しています。第1〜2章では実際の調査分析結果をもとに“ワークスタイル変革”が求められる背景や目的を述べ、第3〜5章では具体的に推進するための考え方・方法論を事例中心に解説します。また、第6〜7章では先進企業へインタビューを通して、働き方の未来について考察します。

“ワークスタイル変革”に関心のある方や社内で旗振り役となる経営者、経営企画部門、情報システム部門、人事・総務部門、営業部門の方にとって必携となる一冊です。

 

書名

ワークスタイル変革

 

出版

労務行政

 

著者

鵜澤慎一郎/田中公康

 

価格

本体3,200円+税

 

出版

2015年5月

 

ISBN

978-4-8452-5291-6

 

 

お役に立ちましたか?

関連トピック