出版物

Q&A業種別会計実務・13 不動産

関連コンテンツ

2020年のオリンピックが東京で開催されることが決定しました。成熟した都市でのコンパクトな五輪を目標に、施設やインフラが整備されるようですが、56年ぶりに開催される東京でのオリンピックはこれから6年間、日本の不動産市場に良いインパクトを与えるものと信じています。

本書は、不動産分譲業、賃貸業、管理業など不動産ビジネスの種類ごとにその特殊なポイントを中心に会計処理、税務上の取扱い等を具体的に記述するように心がけました。よく議論される論点についてもわかりやすく解説することを念頭におきました。また税務上の取扱いについても可能な限り解説を加えています。さらに最近よく利用されている不動産の証券化やREITについても基本的な要点をまとめています。

【目次】
第1章 不動産業とは
第2章 会計の特徴
第3章 損益計算書からみた不動産業の会計
第4章 貸借対照表からみた不動産業の会計
第5章 不動産業に特有の個別論点
第6章 財務諸表の分析

 

書名

Q&A業種別会計実務・13 不動産

出版

中央経済社

編者

有限責任監査法人トーマツ 建設・不動産 インダストリーグループ

価格

本体2,600円+税

出版

2014年3月

ISBN

978-4-5020-9290-9

お役に立ちましたか?

関連トピック