出版物

グローバル情報システムの再構築・3 情報管理関連業務/システム

「グローバル情報システムの再構築」シリーズは、グローバルレベルでシステムを再構築しようとしている日本企業が、業務およびシステムのグローバル化に対してどう取り組んでいけばよいのか、どこに留意して設計を進めていけばよいのかについてまとめたものです。

第3巻では、昨今特に重要性が増してきている情報管理関連、具体的には、グローバル経営管理、CRM(Customer Relationship Management)、S&OP(Sales & Operation)の各領域における業務/システムの再構築に触れています。

情報管理関連業務では、業務オペレーションがそれほど伴わないため、どちらかというとシステム構築のほうに目が行きがちではあります。しかし、グローバルでのルール策定等、基幹業務とは違うレベルで重要となる業務ルール/制度のポイントは多数存在します。本書では、そのような業務ルールにおける論点においても事例を用いて解説をしています。

最後の章では、情報収集や分析におけるクラウドの活用や人工知能(AI)について触れています。情報技術を企業戦略の中枢において新たなビジネスを創り出している企業は多く、情報技術のトレンドを的確に捉え、経営に活用していく能力は、グローバル競争で生き残っていくためには必要事項と認識しておくべきでしょう。

書名 グローバル情報システムの再構築・3 情報管理関連業務/システム
出版 中央経済社
編著 安井 望
価格 本体3,400円+税
刊行 2015年10月
ISBN 978-4-502-14861-3
お役に立ちましたか?