最新動向/市場予測

The digital hospital of the future

今後、デジタル技術は病院にどのような変化をもたらすだろうか。

多くの病院は医療サービスの提供に対する費用が上昇するなか、入院医療のサービスにかかる費用を最小限に抑えるための解決策を長らく模索しています。 Deloitte USが作成した本レポートでは、デジタル技術とヘルスケアサービスの融合が、世界中の病院の将来像と患者サービスにどのような変化をもたらすかをお伝えします。

未来のデジタルホスピタルの5つのケース

未来の医療の提供は、今日の病院で提供されている医療サービスとはかなり異なっているかもしれません。急速に進化する技術は、人口動態や経済の変化と共に、世界中の病院を変えることが期待されています。すでに多くの入院医療サービスは、在宅や外来施設でのサービスへと移行しています。しかし多くの重篤な患者は、急性期病院での入院治療を続けることが必要です。

高齢化社会や病床増加への需要が増すなかで、病院経営者や政府は入院と外来をセットで最適化し、デジタル技術を従来の病院サービスに統合して障がいのない医療システムの検討をする必要があります。

未来のヘルスケアサービスの提供がどのようなものになるか、Deloitte Center for Health Solutionsでは世界中の33人の専門家とのクラウドソーシングでシミュレーションを実施しました。検討に参加したのは、ヘルスケア企業のCxO、医師、看護師のリーダー、政策立案者、技術者、未来の研究者でした。彼らにこの10年間(病院の経営者が準備できる期間)で世界の病院のデジタル化の設計に向け、特定のケースを検討していただきました。

以下に、5つのカテゴリーで検討内容をご紹介します。

1.医療サービス提供(供給)の再定義

新しい技術は、非効率的な運用を減らし医療サービスのアウトカムを高めるでしょう。

2.デジタルのペイシェント・エクスペリエンス

未来の病院は、患者サービスを改善し予防から治療に至るすべての段階において、患者に最適な情報を提供し患者の不安を低減することができるようになるでしょう。

3.人材育成の強化

職員マネージメントの3つの側面(採用、予定管理、学習と能力開発)に注目しました。採用と予定管理は、分析技術の利用によって効率化が可能になるでしょう。また職員の能力開発は、仮想シミュレーションやオンラインコースを通じた継続的な学習に焦点があてられるでしょう。

4.テクノロジーによる業務効率化

サプライチェーンのデジタル化、自動化、ロボティクスなど、次世代の様々なシステムを連携し運用することにより、病院の運営管理とバックオフィスの効率性が向上します。

5.癒しと、より良く生きるためのデザイン

患者の治癒を促進し職員の生産性を高める病院設計のユースケースが開発されます。

※ 詳細記事は、右のPDFファイルをご覧ください。

未来のデジタルホスピタル

関連サービス

ライフサイエンス・ヘルスケアに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

ライフサイエンス・ヘルスケア:トップページ

■ ヘルスケア


関連記事一覧

~EHR、PHR、遠隔医療に関して~。

~2018年 グローバルにおけるヘルスケア業界の展望 スマートヘルスケアへの進化~

お役に立ちましたか?