ナレッジ

航空・防衛業界におけるブロックチェーン

航空機部品データ管理のグローバルデジタルプラットフォーム

グローバルでアクセス可能な航空機部品データ管理のデジタルプラットフォームを紹介する。このような安全で信頼でき、簡単にアクセス可能なデジタルプラットフォームを提供することは、ビジネスモデルの革新を通じた新しい競争優位の源を創造し、業務効率を高め、この新たなテクノロジーを活用するプレイヤーを差別化させる可能性を高めるであろう。

概要

航空業界は急速に進化を遂げようとしている。デジタル化、ビッグデータ、アナリティクス、予測モデル、ロボティクス、ブロックチェーン、クラウドといった内容がいたるところで議論されている。しかし、これらのツールを活用して実際に価値を生むためには何をすれば良いのであろうか。より業界横断で効率の高いデジタルサプライチェーンを実現するために、どのような技術を活用すれば良いのであろうか。どのようにすれば、各自が持っている情報を共有することにインセンティブを働かせることができるのであろうか。アクセス権を持つ人だけが情報にアクセスできるようにするには、どのようにデータの所有権を管理すれば良いのか。これらは航空業界が今後数年にわたり取り組まなければならない課題のごく一部でしかない。

本ホワイトペーパーでは、グローバルでアクセス可能な航空機部品データ管理のデジタルプラットフォームを紹介する。同プラットフォームにおける部品データはデジタル化されたオペレーションを通じて自動作成され、プラットフォームの関係者に共有可能であり、そこから革新的なビジネスプロセスを提供すること、そして潜在的には航空業界全体のビジネスモデルに革新をもたらすことを目指している。このソリューションにより、部品そのものの記録、すなわち各シリアル単位の部品がサプライチェーンの中でどのような歴史を辿ってきたかを一元的に管理することが可能となる。

航空・防衛業界におけるブロックチェーン [PDF: 2.57MB]
お役に立ちましたか?