ナレッジ

“空飛ぶクルマ”の新ビジネス

“空飛ぶクルマ”の実現により、何が変わるのか

2000年代初頭より開発が進められている“空飛ぶクルマ”は利便性の高い「垂直離着陸」、環境性の高い「電動化」、コスト削減・安全性の向上のための「自律化」をキーワードに開発が進められており、今までは限られた用途のみで活用されていた「空の移動」を大衆化していく可能性を秘めていると考えられる。本稿では、まだまだ課題が多い“空飛ぶクルマ”が実現した際に、世の中がどのように変わるかを考察していきたい。

概要

現在開発されている“空飛ぶクルマ”の3つの特徴として「電動化」「自律化」「垂直離着陸」が挙げられている。「電動化」は騒音や有害ガス排出等の環境性改善に期待され、離発着場所の自由度が向上すると考えられる。また、現状のヘリコプターよりも軽量化されることも期待されるためビルの屋上等の既存建造物を活用した利便性の高い離発着場所の提供が可能と考えらえられる。また、「自律化」により専門性の高いパイロットの人件費を抑制することができ、「電動化」による整備コストの削減も見込まれることから運用コストの低減が期待される。“空飛ぶクルマ”が実現すると、空の大衆化を阻む要因から解放され、タクシーに乗るのと同じ感覚で空を利用する日がやってくる可能性がある。

 “空飛ぶクルマ”が実現することにより、世の中やヒトの価値観がどのように変わるか、またそれにより生まれる新規ビジネスがどのようなものか、考察する。

“空飛ぶクルマ”の新ビジネス [PDF: 939KB]
お役に立ちましたか?