ナレッジ

化学メーカーのイノベーション戦略再考

化学業界向けNewsletter「扉」特別号

化学メーカーのイノベーション戦略再考

マテリアルズインフォマティクスを始めとするデジタル技術の発展により、化学業界のイノベーション環境は大きく変化しています。化学メーカーが長期的に価値を創造し続けるためには、変化を捉え、イノベーションアプローチを見直し、効果的・効率的に投資を行っていくことが重要です。

本レポートでは、デジタル技術の発展が化学業界のイノベーションに与えている影響と、今後進むべきイノベーション戦略の方向性、具体的なアプローチについて論じております。

 

尚、本レポートは、Deloitte Development LLCが発行した「Innovation in
chemicals -Choosing to create long-term value-」を和訳したものです。

原著は以下リンクよりご確認いただけます。

https://www2.deloitte.com/us/en/insights/industry/oil-and-gas/chemical-innovation.html

(プロセスユニットニュースレター「扉」特別号 2020年12月発行)

【目次】

  1. はじめに
  2. 長期的な大変革は、化学のイノベーションに多大な影響をもたらす
  3. デジタル時代の価値を創造、獲得するためのAdvanced Materials Systems(AMS)アプローチの活用
  4. 顧客体験を生み出すことは、長期的な価値を高めるカギとなり得る
  5. まとめ:長期的価値の創出

 

※ プロセスユニット発行のニュースレターをご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?