ナレッジ

金属業界のE-commerce戦略~ECは鋼材販売の武器となりえるか?

鉄鋼・非鉄金属業界向け Newsletter「Next Stage」Vol.11

鉄鋼メーカーによるE-commerce(EC)の動向を捉え、今後日系メーカーが取るべきEC戦略について述べる。

関連コンテンツ

金属業界のE-commerce戦略~ECは鋼材販売の武器となりえるか?

今号は「金属業界のE-commerce戦略~ECは鋼材販売の武器となりえるか?~」と題し、現在までの日系・海外鉄鋼メーカーによるE-commerce(EC)の動向を捉え、今後日系メーカーが取るべきEC戦略について述べさせていただきました。

近年、日本国内では多くの企業間取引においてECが導入されており、有効な営業・販売ツールとして活用されています。しかしながら、現状利用されているECはEDI等の特定企業間取引を対象としてものであり、不特定多数の売り手(サプライヤー)と買い手(カスタマー)間で取引を行うタイプのECの活用はほとんど見られません。一方、海外メーカーでは不特定多数間取引を行うECの活用により、需要の取り込みを図る動きが見られます。今後、日系メーカーでもグローバル競争環境で勝ち残るための武器として先進的なECを活用することにより、新たな需要の取り込みや競争優位の確立が可能であると考えます。

(Process Sector Newsletter「Next Stage」 Vol.11 2016年9月発行)

【目次】

  • はじめに
  • ECとは
  • 日本におけるECビジネスの現状
  • 海外鉄鋼メーカーの動向
  • 日本金属業界のEC活用に向けた提言

※ Newsletter「Next Stage」をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

 

お役に立ちましたか?