ナレッジ

グローバル本社への脱皮に向けた本社間接機能の抜本改革

化学企業向け Newsletter「扉」vol.14

日系化学企業が本社間接機能の高付加価値化・効率化を実現していくアプローチの有効性や留意すべきポイントについて論じています。(Process Sector Newsletter「扉」 Vol.14 2014年7月発行)

グローバル本社への脱皮に向けた本社間接機能の抜本改革~外部力の内部化の推進~

本稿では外部パートナーの力を梃子にして、本社間接機能の高付加価値化・効率化するアプローチを取り上げる。化学業界の多くの企業にとって、本社間接機能を改革しグローバル対応させることは経営課題となっていると思われる。本稿では、日系化学企業において本社間接機能の改革が頓挫する理由を「自前主義の限界」の視点から分析した後に、本社間接機能の高付加価値化・効率化を実現していくアプローチの有効性や留意すべきポイントについて論じている。

(Process Sector Newsletter「扉」 Vol.14 2014年7月発行)

 

【目次】

はじめに

なぜ本社間接機能の改革は頓挫するのか

「外部力の内部化」による本社間接機能改革

本社間接機能改革実現の3つの鍵

終わりに

 

※ Newsletter「扉」をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?