ナレッジ

経営アジェンダとしてのグローバルタックスマネジメント

化学企業向け Newsletter「扉」vol.18

日本企業にとって本腰を入れた議論になりづらい「タックス」について、日本の化学メーカーが経営戦略上どのように位置づけ検討すべきかについて考察する。(Process Sector Newsletter「扉」Vol.18、2015/8)

経営アジェンダとしてのグローバルタックスマネジメント

今号は「経営アジェンダとしてのグローバルタックスマネジメント」と題して、日本企業にとってなかなか本腰を入れた議論になりづらい「タックス」を取り上げております。ここ数年の税制改正や昨今増加しているグローバル企業のタックスプランニングに対する様々な批判を踏まえ、日本企業がこれからグローバル化を図ってく中で税コストとリスクをどのように捉えていくべきか。あるいは、節税などの税コスト削減のみに留まらない、本質的な経営アジェンダとしてグローバルタックスマネジメントを検討する一助にするべく、どのような事象を契機として検討していくべきかについて提示させていただいております。


【目次】
はじめに
1.タックスマネジメントは紛れもない経営アジェンダである
2.日本企業にとってのタックスマネジメントの基本的な考え方
3.検討すべき契機とは
おわりに

※ Newsletter「扉」をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上、問い合わせフォームよりご連絡下さい。

関連するサービス

・Advanced Materials Systems

お役に立ちましたか?