ナレッジ

素材産業における次世代オペレーションプラットフォームの構築~RPAは変革のカギになりえるか~

化学業界向けNewsletter「扉」vol.25 鉄鋼・非鉄金属業界向け Newsletter「Next Stage」vol.15合併号

素材産業におけるRPA導入トレンド及び今後の影響について分析・考察を行う

関連コンテンツ

素材産業における次世代オペレーションプラットフォームの構築

本号は「素材産業における次世代オペレーションプラットフォームの構築」と題し、現在注目を浴びているRPAの導入価値を整理し、素材産業における導入トレンド及び今後の影響について、分析・考察を行いました。

労働人口減少や長時間労働の是正などを背景に、素材産業においても生産性向上が優先順位の高い課題として求められています。各企業はERP導入など機能間の連携を高めることで、生産性の改善に取り組んで参りましたが、現在もERP外に非生産的な業務が残っている状況にあります。こうした中、人に代わりPC上での作業を実行、操作するソフトウェアであるRPAは、素材業界においてオペレーション上の生産性改善を実現する手段の一つになると期待されています。そこで本稿では、弊社知見に基づき、素材業界におけるRPA導入事例、導入アプローチに触れ、導入に向けてどのように進めていくべきか、そしてRPA導入後の今後の展望について論じております(Process Sector Newsletter「扉」vol.25 「Next Stage」vol.15合併号 2017年9月発行)

【目次】

はじめに

第1章 RPAとは

第2章 RPAの価値

第3章 RPA事例紹介

第4章 RPAの進め方

第5章 アウトソーシングとRPAの現状と今後

第6章 RPAのこれから

おわりに

※ Newsletter「扉」「Next Stage」合併号をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?