ナレッジ

自動車レポート2020~「もしもの世界」で使われている素材~

化学業界向けNewsletter「扉」特別号

自動車レポート2020~「もしもの世界」で使われている素材~

本号は「自動車レポート2020~「もしもの世界」で使われている素材~」と題し、自動車業界における樹脂を中心とした素材を対象として、調査や分析に基づくベースシナリオと、不確実な未来についての複数の将来シナリオの描写を行いました。

 

まず、ベースシナリオについては、今後10年間の自動車業界において最も大きい影響を与えるトレンドである「CASE」の各項目について、素材メーカーの観点で見た時に生じる変化、および将来の変化シナリオに向けたベースラインという2つの観点から分析しております。加えて内燃機関車における変化を、「①環境規制への対応」、「②金属⇒樹脂化によるコストダウン」の2つの観点から論じております。

 

将来シナリオについては、ベースシナリオを超えた①CASE急加速の世界、②環境至上主義の世界、③世界格差均衡の世界、④超高齢化の世界、の4つの「もしもの世界」を描き、そのシナリオを前提とした樹脂需要の総量、使用割合、1台当たり樹脂使用量、および全樹脂使用量を試算しております。

(Process Sector Newsletter「扉」特別号 2020年3月発行)

【目次】

  • はじめに
  • ベースシナリオ
  • もしもの世界/素材メーカーへのインパクト
  • まとめ
  • 最後に

※ Newsletter「扉」特別号をご希望の方は、お名前、ご連絡先、Vol.番号、部数、をご記載の上問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?