サービス

O&Mビジネスマネジメント

発電設備や化学プラントなどの大規模プラントは、数十年間稼動させつづけるものです。その間、機能を維持するための保全や、技術の進展に伴った大規模な改修を繰り返すことによっても、その設備が、設計要求、設図面と合致したものとなっているよう、管理が求められます。

関連コンテンツ

プラントの適切な運用と保全のための管理

発電設備や化学プラントなどの大規模プラントは、顧客の要求、設置場所の事情や環境に応じて一品一様で設計されている部分が多く、設計途中の変更も複数実施されることが常です。設置後も通常数十年間稼動させつづけるものであり、その間、機能を維持するための保全において、部品の生産中止などによる代替部品の採用や現場合わせでの処置、技術の進展に伴った大規模な改修も実施されます。これらの度重なる変更により、設備の実体が、仕様や図面とかけ離れたものになり、次第に管理コストが増加するだけでなく、安全上の重大な瑕疵や、事故発生時の責任に問題が発生する恐れが生じます。
そうなることを防止するためには、その設備が稼動している何十年もの間、設計要求や、設設図面と設備実体が合致したものとなっているよう管理する必要があり、
具体的には、
(1)設備に対する要求仕様をどのように設計や部品に結びつけているかを管理する要求管理、
(2)設計手順の手順や変更を実施する場合の設計管理プロセス、
(3)これらの情報を紐付けるためのベースとなるプラント構成管理、
がビジネス管理として必要となります。これらの管理をプラント設計の初期の段階からプラントの稼動が終了するまでライフタイムの間、長期間にわたり実施できる仕組みを構築します。