サービス

売却マーケティング資料の作成(セルサイド)

買い手候補へのアプローチに際しては、各フェーズに応じて売却マーケティング資料を作成・提示する必要があります。

関連コンテンツ

ティーザー
買い手候補への初期的なアプローチに際しては、ティーザーを提示することとなります。ティーザーとは、売却対象企業または事業を特定できない程度に、業種・事業概要・特徴・財務情報・売却範囲等をまとめた匿名の企業概要書をいいます。ティーザーを提示した買い手候補が関心を持った場合、秘密保持契約を締結したのちに具体的な情報を開示して検討を行います。

 

インフォメーション・メモランダム
秘密保持契約を締結した買い手候補に対しては、インフォメーション・メモランダム(Information Memorandum, 略称“IM”)を開示します。インフォメーション・メモランダムとは、売却対象企業または事業に関する情報を詳細に記載した資料であり、買い手候補は記載されている情報を元に、次のプロセスに進むか否かの判断をします。

 

プロセスレター
プロセスレターとは、入札プロセスの進め方や検討のための手順、スケジュール等を記載した説明書を言います。一般に、インフォメーション・メモランダムの開示と同時または開示後に、入札プロセスに進む複数の買い手候補者に対して提示されることとなります。

 

マネジメントプレゼンテーション
入札プロセスの一環として、売り手または売却対象企業の経営陣が買い手候補に対してプレゼンテーション(マネジメントプレゼンテーション)を実施することがあります。売却対象企業または事業のより深い理解を買い手候補に促し、買い手候補から魅力的なオファーを受領するため、売却対象企業または事業の説明や質疑応答を行います。

 

デロイト トーマツ グループでは、売り手のM&A取引成功に向け、売却戦略や買い手候補の分析等を踏まえながら上記の資料の作成を支援します。