サービス

ベンダーデューデリジェンス(セルサイド)

会社または事業の売却にあたっては、外部専門家の手を借りて、第三者的観点から売却時に論点になりうる点を抽出・整理をする作業が必要となり、これをベンダーデューデリジェンスといいます。

関連コンテンツ

ベンダーデューデリジェンスの結果の全部または一部は、買い手候補に対して開示される事があります。これにより、初期段階における買い手候補の対象事業に対する理解を円滑にし、売り手企業の説明負担を軽減します。一般に、ベンダーデューデリジェンスでは、事業面・財務面・税務面・法務面といった多角的な視点で、特に重要な論点となりうる箇所を調査します。 

また、ベンダーデューデリジェンスと並行して、売却対象事業の範囲を厳密に特定し、対象事業の財務情報の区分整理を行うことが必要となります。具体的には、特定・整理した売却対象事業の範囲に基づき、当該対象事業の財務諸表(カーブアウト財務諸表)の作成を行います。カーブアウト財務諸表は、買い手候補への開示や契約交渉の前提条件といったように複数の利用目的が想定されるため、利用目的に応じたレベル感での作成が重要です。

デロイト トーマツ グループでは、第三者的観点から、調査対象企業の業界はもちろん、会計、税務、年金など幅広い分野に精通した専門家を配員し、効果的かつ効率的に売却時に論点になりうるポイントを調査します。また、売り手の意向や利用目的に沿ったカーブアウト財務諸表の作成を支援します。