サービス

街づくり計画策定支援

一般にハードウェアの新規性で語られがちな都市開発のあり方は既に終わりました。いま求められているのは、生活する消費者、生産者たる企業、公共サービスを提供する行政が有機的に作用しながら持続的な成長を実現する開発です。このようなソフト面にもフォーカスした開発計画の有無が都市間競争の優劣を決めることになります。

関連コンテンツ

持続可能な都市開発のために

近年のアジアの都市の発展は目を見張るものがあります。いずれの都市も10年を待たずして大きく変化を遂げ、魅力溢れる大都市は多くの旅行者、ビジネスマンを引きつけて止みません。

一般に都市開発はハードウェアの新規性で語られがちですが、それだけでは都市は成長しません。生活する消費者、生産者たる企業、公共サービスを提供する行政、これらが有機的に作用して初めて持続的な成長が可能となるのです。このようなソフト面にもフォーカスをして開発計画を立てることが、都市間競争といわれる現代においてはとりわけ重要となっています。

従来の不動産開発の場では、レジデンス、オフィスおよび商業施設を併設した利便性の高い物件の開発に主眼が置かれていました。しかしながら、これからの時代に求められるのは、「人が必然的に集まる仕掛け」を開発に組み込むことにあります。特に首都圏における大規模開発ではその傾向が強く求められます。斬新で特色がある街づくりを進めることで、新たな街の付加価値が創造され、ひいては不動産価値の向上にもつながるのです。

このような取組みにおいては、短期的な戦術や実行計画に注力するような発想では充分な計画は作れません。将来の街の“ありたい姿”と現在とのギャップを埋める方策を実行可能なレベルで考え、将来の不確実性に対しても対応できるように計画を作り上げることが求められるのです。デロイト トーマツ グループでは多くの再開発において支援の実績があります。