Cyber regulation in Asia Pacific

ナレッジ

医療テクノロジーにおける大幅な規制変更

規制のコンバージェンスを注視する

グローバル市場で活躍する医療テクノロジー業界の各企業においては各国当局の規制変更により、罰金や罰則を課せられたり、市場アクセスを失ったりする可能性があります。本レポートでは、規制変更の動向やその意図、さらにそれに伴う医療機器メーカーに及ぼす影響などについて考察しています。

行動喚起

グローバル市場では、当局の規制変更により、罰金や罰則を課せられたり市場アクセスを失ったりする事態が生じかねません。それにより、自国市場以外でも規制の変更が行われる可能性があります。

医療テクノロジー産業では、現在、規制の一大転換期に直面しています。欧州連合(EU)、カナダ、米国で新たな規制がほぼ同時に導入され始めており、これらの規制は今後、各企業の最終損益に影響を及ぼすと思われます。規制変更が行われる地域では、売上高やマーケットシェアがそれほど大きくない医療テクノロジー企業でさえ、こうした規制の影響を受けます。

企業の競争状況を一変させる可能性が最も高いのは、規制上の監督についての変更です。グローバルに事業を展開する企業は、こうした規制要件を競争上の優位を勝ち取り経済的利益を収めるチャンスにするために、熟慮して計画を立て、確実に実施する必要があります。医療テクノロジー企業は、規制の複雑さを積極的に活用することによって、業界をリードし、新たな規制を効果的に乗り切り、イノベーションを通じて革新を遂げる機会を獲得できるのです。

>>本レポートの詳細を確認する

資料はこちらからダウンロードいただけます (PDF, 555KB)
サイバーリスクサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください

サイバーリスクサービスTOP

サイバーセキュリティマネジメントサービス 一覧

プライバシー・個人情報保護サービス 一覧

サイバーリスクのお問い合わせ

サービス内容、並びに、取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記フォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 

 

>> オンラインフォームよりお問い合わせを行う <<

お役に立ちましたか?