Audit Analytics

サービス

デジタル技術を活用した業務可視化・効率化サービス

業務効率化に向けた3つのPhaseにおいて一気通貫サービスを提供

パソコンやスマートフォン、タブレットなどで行われた作業について、誰が・どの業務を・どの位の時間をかけて行ったかを自動で全件把握し、その先のテクノロジー導入までを図ることで本来の生産性向上や働き方改革の実現に寄与するサービスです。高精度かつ客観的な業務ログの自動取得・分析により、非効率業務の洗い出し、AIやRPAなどのテクノロジーを適用すべき業務が見える化されます。

業務効率化による生産性向上の必要性と難しさ

日本の労働力減少により、近年ビジネスの現場では業務の効率化や働き方改革が重要な経営課題になっています。

業務効率化による生産性向上のためにAIやRPAなどのテクノロジーを活用し、非効率な業務を自動化するニーズが高まっている一方、どの業務が非効率なのか、どの業務にテクノロジーが適用可能なのかが不明瞭であり、どこから手を付けるべきか戸惑う企業が多く見られます。

また最初に取り組むべき業務量の可視化においては、従業員負担・コスト負担が大きいアンケートやヒアリングが業務効率化のハードルとなっています。

 

生産性向上に向けた3つのステップを一気通貫で支援

デロイト トーマツは業務効率化による生産性向上に向けて、初めに業務ログの自動取得・可視化を行い、非効率な業務やAI・RPA等のテクノロジーが適用可能な業務を検討した後、実際にテクノロジー導入を図ります。

 

業務効率化による生産性向上のプロセスイメージ
※画像をクリックすると拡大表示します

業務ログの取得・可視化を効率的かつ安価に実現

業務効率化に向けて、初めに着手すべき業務量の把握を効率的かつ安価に実施するために、最新の業務可視化ツール「JC360」を用いて業務量の可視化、非効率業務の選定を行います。アプリを用いて自動でログを取得するため、質問表やアンケートへの回答、フォーマットへの記入などの従業員負担が小さく、従来の業務量調査と比べて安価で導入できることが特徴です。また、誰が、どの業務を、どの位の時間をかけて行ったかを全件把握できるため、サンプル調査とは異なる、精度の高い業務量の把握が可能になります。また、把握した業務については個別に費用対効果の観点から評価を行い、非効率な業務を抽出します。これらは「どの業務を効率化すればインパクトが大きいのか」の判定に役立ち、その後の業務改善、テクノロジー導入を進める上で有効な情報になります。

業務量把握の対象は、基本的にはパソコンやスマートフォンやタブレットにおけるソフトウェア・アプリケーション上のデータになります。その一方で、会議等のアナログ業務については、Outlook上の予定との同期やマニュアル(手作業)での入力によりカバーすることが可能です。

 

業務可視化ツール「JC360」の利用プロセス
※画像をクリックすると拡大表示します

取得した業務ログを一覧把握・非効率業務を抽出

自動取得した業務ログは「JC360」のダッシュボードにより一覧把握が可能です。

また取得した業務ログに対して、デロイト トーマツの知見を基に評価し、非効率な業務を抽出します。

 

「JC360」のダッシュボード画面のサンプルと指摘事項

「JC360」のダッシュボード画面のサンプルと指摘事項
※画像をクリックすると拡大表示します

非効率業務リストのサンプル

非効率化業務リストのサンプル
※画像をクリックすると拡大表示します

    

業務量を把握したその先に

業務量調査による業務量の把握はこれまでも行われてきました。業務ログの自動取得・可視化、非効率業務の洗い出しが出来たとしても、実際にどの業務を効率化出来るのか、どのようなテクノロジーを活用すれば効率化出来るのか、テクノロジーの導入をどのように進めれば良いのかという壁が立ちはだかり、生産性向上に繋がらなかったというケースが見受けられます。そこで本サービスは、業務量を把握したその先の具体的なアクションまで一気通貫で見据え、本来の生産性向上や働き方改革の実現に寄与します。  

 

本サービスの提供体制

業務量の把握にあたっては、決算業務等に知見を持つデロイト トーマツが現状把握、非効率業務の選定を行い、テクノロジー導入に強みを持つCP-SOLがJC360の導入、業務ログ取得をサポートします。また、本サービス実施後の業務改善、テクノロジー導入については、デロイト トーマツ グループ内で連携し、豊富な業界・業務知見を活かしたサービスを提供します。

>>本サービスに関するニュースリリース

リスクアドバイザリー 新規事業推進の関連情報

最新のナレッジやサービス事例を探す

リスクアドバイザリー 新規事業推進に関するお問い合わせ

サービス内容等に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

オンラインフォームより問い合わせを行う

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

プロフェッショナル

服部 邦洋/Kunihiro Hattori

服部 邦洋/Kunihiro Hattori

デロイト トーマツ グループ パートナー

都市銀行を経て、監査法人トーマツ(現 有限責任監査法人トーマツ、以下トーマツ)に入社。トーマツおよび米国デロイトコンサルティングLLPにて金融・人事コンサルティング、経営コンサルティングに従事。 ビジネスアナリティクスの担当パートナーとしてデータガバナンス、データ分析コンサルティング業務を多数実施。そのほか、アナリティクス、IoT、AIを活用した業務改善や新規事業設立支援、ビジネスモデル提案など技... さらに見る