IT トランスフォーメーション|サービス:テクノロジーストラテジー&アーキテクチャー|デロイト トーマツ コンサルティング|Deloitte

サービス

IT トランスフォーメーション

グローバル化に対応したIT組織の変革には、組織構造の見直しに加えビジネスとの関係性、IT機能・設備の配置、ITガバナンス、合理的なITコスト構造の構築等、包括的な戦略立案と実行が必要です。またM&Aに伴う合併後のIT組織、システムの統合によるシナジー最大化を課題とする事例が多くなっています。企業のIT組織が抱える問題を的確に捉え、複雑に絡み合った課題に対して実現可能なあるべき姿を策定し、IT組織変革を支援します。

ビジネスのグローバリゼーションに向けたIT組織改革

ビジネスのグローバル化を支えるIT組織への期待 

金融危機による景気後退から新興国市場の成長により回復の兆しをみせる世界経済の中で、多くの日本企業においては、新興国市場への進出や海外企業との競争に打ち勝つためのM&A等、グローバル化への動きを加速させています。

競争激化に伴う経営資源の最適配置の結果、事業の海外展開やM&Aによる統廃合が頻繁に発生し、企業内部でもビジネスの変化に即したより柔軟で効率的な組織の編成が求められています。

一方で、IT組織においては国内のサポートを中心とした従前の組織体制から、よりグローバルサポートを視野に入れた組織体制への変化を期待されています。すなわち、海外まで拡がったサポート範囲に対してこれまで以上にビジネスの推進を積極的に支援できる体制への進化が求められているのです。

これらの状況から、事業のグローバル化に向けて、より強固なIT組織の確立がCIOの喫緊の課題と言えます。

 

グローバル化に向けてIT組織が直面している問題 

IT組織のグローバル化に向けては、多くの日本企業のIT組織において、以下のような問題に直面しているのではないでしょうか?

‐ グローバルへのビジネス拡大に対する迅速な支援が不足

‐ IT機能・IT資産の拠点分散・重複による非効率化

‐ 予算・案件管理などグローバル全体でのIT統制が困難     等

 

これらの問題は、IT組織の非効率化、ガバナンスの低下を招き、ビジネスのグローバル化に対する弊害になるリスクを伴います。

Global IT Transformationは、このような問題の解決を支援する弊社サービスとなります。

 

(822KB, PDF)

グローバル経営環境での実効的なITガバナンスとは

グローバル経営環境下で本社ITマネジメントに要求される姿勢
グローバル経営環境下では、地域ごとに法律・言語・ビジネスカルチャーなどが異なるうえに地理的・組織的な距離も伴うため、グローバル全体での管理が行き届かず、結果として地域ごとの部分最適化が進みやすくなります。このため、本社のITマネジメントには各地域からの要求に応じるだけでなく常にグローバル全体での最適性を評価し、能動的かつ継続的な改善を行っていくことが求められます。

グローバル化に伴って顕在化するITリスク
部分最適化による弊害とは具体的にどのようなものでしょうか。以下に典型的な例をあげます。

Quality

  • 各地域のニーズを把握/調整しきれず、導入したシステムが業務インフラとして十分機能していない
  • ITサービスレベルに関する基準値・管理規程が定義されておらず、各地域でばらつきがある
  • IT運用・保守に必要な文書化が不十分で、IT要員の定着率が低い地域でシステム障害が頻発
  • 情報セキュリティ対策が不十分で、IT要員のモラルが未成熟な地域でセキュリティ事故が発生

Cost

  • 各地域に投資権限を委譲しているが、グローバル全体で最適化されているかは把握できていない
  • 地域ごとに独自システムを導入した結果、グローバル全体では重複投資が生じている
  • 特定ベンダーへの依存、あるいはベンダーの過剰分散により、価格交渉力が低下
  • 管理プロセス・業務プロセスを変革する際に、各地域で個別にシステム改修が必要

Delivery

  • ステークホルダーが多く、ITマネジメントプロセス(企画/投資評価、要件定義、設計/開発、テストなど)の各シーンで意見調整が難航
  • 地域間でデータの構造・管理手法・所在が異なり、事業運営に必要な情報の収集が時間を要する

このように、グローバル経営環境下で発生する問題の多くが、国内や限定的なグローバル環境においても内在していたリスクがグローバル化の進展に伴って顕在化したものです。
一方で、「ERPパッケージの導入」・「拠点の統合/再配置」・「組織の再編」など、“グローバル対応”から想起される表層的な問題に対して断片的・部分的に取り組むケースもしばしば見受けられ、組織文化に内在する根本的な問題を含めて網羅的な対応を行えている企業は多くはありません。
この結果、ITのリスクコントロールが不十分となり、それが顕在化した場合には企業の信頼失墜・リソースの浪費・ビジネス機会の逸失など、より深刻な経営上の問題に繋がりかねません。

デロイト トーマツ グループの提言するグローバルITガバナンス
グローバルITガバナンスの強化に際しては、戦略・プロセス・リソース・組織体制の4領域を、横断的・網羅的に分析したうえで取り組むべき課題を見定めることが求められます。
また、変化し続けるグローバル経営環境下においてITガバナンスの有効性を持続させるためには、一過性の取り組みではなく定期的な評価・改善を行っていくための仕組みづくりが重要となります。

デロイト トーマツ グループのサービスアプローチ
グローバルITガバナンスの第一歩が網羅的な分析である一方、与えられたリソース・時間は限られており、広範な検討領域を網羅的に分析し続けることは容易ではありません。
グローバルの知見とベストプラクティスを結集したフレームワークの活用により、短期間でクライアント企業の課題を導出するとともに、具体的な改善施策の立案・実行・評価をご支援します。また、デロイトのグローバルネットワークを活用し、海外拠点におけるガバナンス実行状況の把握や、現地ベンダーからの情報収集といった面からも、クライアント企業の課題解決を強力に推進します。

(595KB, PDF)