M&A トップ|デロイト トーマツ グループ|Deloitte

M&A

世界規模で激しく変化し続けるビジネス市場。それは、成長と停滞とが常に隣り合わせであることを意味します。 そのような環境にあって、更なる成長のためにタイムリー、かつ最大級の効率性で経営資源を最適化し、世界への布石を打つ。私たちは、グローバルネットワークと業界及びM&A専門家の知見を最大限に活用して、的確な情報収集と分析を行い、お客様一人ひとりの状況に応じたM&Aを迅速かつ効果的にサポートします。

ナレッジ

M&A会計の解説 第1回

「M&A会計の解説」と題して、M&A会計のポイントをシリーズで解説します。第1回は「組織再編会計の総論」の取扱いについて解説します。

ナレッジ

M&A人事の俯瞰図と概要 第1回

本シリーズではM&Aの中でも「人事」領域について紹介する。今回はM&A人事の概要を人事デューデリジェンスと人事PMIの観点から解説する。

ナレッジ

世界のM&A事情 ~中国~

デロイト トーマツ グループの北京駐在員より、中国のM&Aの状況・トレンド、また今後の動向などを紹介します。

ナレッジ

Industry Eye 第15回 ライフサイエンス・ヘルスケア

第15回は、日米のベンチャーエコシステムの現状と課題、将来性を、バイオベンチャーのM&A動向と併せて解説します。

ナレッジ

世界のM&A事情 ~東南アジア 基礎編~

デロイト トーマツ グループのシンガポール駐在員より、東南アジアのM&Aの状況・トレンド、またM&A交渉の際の留意点などをご紹介します。 

ナレッジ

世界のM&A事情 ~オーストラリア(豪州)~

デロイト トーマツ グループのオーストラリア駐在員より、オーストラリアのM&Aの状況・トレンド、またM&A交渉の際の留意点などをご紹介します。 

ナレッジ

Industry Eye 第14回 資源・エネルギー(電力市場)

第14回は、電力自由化に係るビジネスの方向として、2016年4月からはじまる電力全面自由化について、そのしくみと現状、業界の方向性について解説します。

ナレッジ

自動車業界の再編と実務上の留意点

事業再編の機運が高まる自動車業界。その実務におけるポイントとは。

ナレッジ

Industry Eye 第13回 コンシューマービジネス(消費市場)

第13回は、少子高齢化が国内消費市場に与える影響を食品市場に焦点を絞って分析し、今後の国内食品企業の業績を試算。国内消費市場の縮小に対するM&Aを含めた対応策を事例を踏まえ解説します。

ナレッジ

Industry Eye 第12回 テレコム(通信)業界 

第12回は、今後の日本の情報通信産業の課題と市場動向の変化を予想する上で、香港の情報通信産業の現状と動向について分析します。

ナレッジ

世界のM&A事情 ~台湾~

デロイト トーマツ グループの台湾駐在員より、台湾のM&Aの状況・トレンド、またM&A交渉の際の留意点などをご紹介します。

ナレッジ

世界のM&A事情 ~アメリカ~

デロイト トーマツ グループのニューヨーク駐在員より、アメリカのM&Aの状況・トレンド、またM&A交渉の際の留意点などをご紹介します。

ナレッジ

基礎からのM&A講座 第12回(最終回)

第12回は、M&Aを行う上で最も大事な「成功に導くためのポイント」とは何かについて考察し、「基礎からのM&A講座」のまとめとしたい。

ナレッジ

組織再編税制の25年度改正の概要と実務ポイント

平成25年度税制改正における特定適格組織再編成等が行われた場合の特定資産譲渡等損失額の損金算入制限規定、欠損金制限規定につき解説する。 

サービス

M&A

グローバルネットワークと業界およびM&A専門家の知見を最大限に活用し、お客様一人ひとりの状況に応じたM&Aを迅速かつ効果的にサポートします。

サービス

M&A戦略

M&A実行前の成長戦略立案。市場における事業機会を捉え、買収・売却と戦略を結びつけ、新しいビジネスモデルの構築をご支援します。

サービス

M&A取引準備

M&A取引準備段階における初期的デューデリジェンスを通して買収対象会社や買い手を十分に知り、候補先企業選択をサポートします。

サービス

デューデリジェンス+M&A取引実行

M&Aの投資環境が拡大しているので、資金提供者にとっては財務デューデリジェンスとリスクアセスメントを十分に行うことが重要です。

サービス

クロージングおよび統合・分離戦略

重要人材を引き止めて組織を統合し、最初100日間の戦術的な計画を構築して、合併後環境へ移行させる計画の立案と実行をご支援します。

サービス

クローズ後の統合・トランジションフェーズ

Day 1(統合日)は、新しい組織の開始日であり、統合した組織と業務プロセスの実施作業を開始します。また、企業の成長においてはDay1がゴールではありません。

問い合わせ

オンラインフォームより問い合わせ

サービス一覧はこちら

クイックアクセス

ナレッジ

ファイナンシャルアドバイザリーメールマガジン

新聞や経済誌等とは異なるM&Aの実務の観点で、財務・会計・経営戦略などタイムリーかつ実務に即した情報を提供しています。

デロイト トーマツ グループセミナーTOP

デロイト トーマツ グループでは、会計、IFRS、株式上場、内部統制、コンサルティング、税務、法務、業種別のセミナーを全国で開催しております。

ナレッジ

ファイナンシャルアドバイザリー用語集

M&A、再編・再生、フォレンジック等を中心としたファイナンシャルアドバイザリー業務に関する用語を集め解説しています。

ナレッジ

Industry Eye

各インダストリーを取り巻く環境と最近のM&A動向について、法規制や会計基準・インダストリーサーベイ等を織り交ぜながら解説します。

ナレッジ

世界のM&A事情

デロイト トーマツ グループの駐在員より、現地のM&Aの状況・トレンド、またM&A交渉の際の留意点などをご紹介します。

最新動向/市場予測

2010年版 「M&A経験企業にみるM&A実態調査」

依然難しい「M&Aの成功」、成功企業は28%。大型案件が多い「クロスボーダーM&A」、ターゲットの29.2%が年商500億円以上の企業で国内案件の約2.5倍。

ナレッジ

海外の人事関連M&A事情 記事一覧

海外デロイトのM&A専門コンサルタントの記事や対談など、日頃あまり触れることの少ない海外の人事関連M&Aに関する有益な情報を、シリーズ化してお届け。

ナレッジ

売り手企業の視点からM&Aを考える

「事業売却も企業価値向上の重要な選択肢のひとつである」という視座に立ち、事業売却に焦点を当て、「セルサイド」の視点からM&Aを考察する。

ナレッジ

グループ会社、兄弟会社取引に潜む粉飾決算リスク

過去の事例から「グループ会社、兄弟会社取引」における粉飾決算の手口の解説やその発見のポイント を解説する。

ナレッジ

アベノミクス減税ケーススタディ事業再編促進税制

事業再編促進税制(特定事業再編投資損失準備金制度および事業再編に係る登録免許税の軽減措置)と、初年度の適用における留意点について解説を行う。