ナレッジ

リスクマネジメント

デロイト トーマツを取り巻く経営環境は、経済社会の移り変わり、クライアントや規制当局等からの要請などにより常に変化し、不確実性をはらんでいます。こうした環境下において、デロイト トーマツは、品質管理とリスクマネジメント (QRM) の徹底に最大限の注意を払い、常日頃から関連する業務プロセスや手続をきめ細かくモニタリングし、継続的な改善に努めています。潜在的に存在するさまざまなリスクが顕在化した場合には、デロイト トーマツの評判・ブランドの維持、一貫した品質に基づくサービス提供などの点において、グループとしての安定的な事業遂行能力に重大な悪影響が及ぼされる可能性があります。デロイト トーマツでは、エンタープライズ リスク フレームワーク(ERF)を用いて、当グループが経営上対処すべき多種多様な潜在リスクを識別・評価し、優先順位付けを行いながらリスク管理を実施しています。

デロイトグローバルでは、各国・地域のファームのQRMプロセスの中核となる体系的なポリシー(DPM:デロイトポリシーマニュアル)が設定されています。これにより、デロイトネットワーク全体で準拠すべきポリシーが明確になり、国・地域の違いを越えて一貫性のある厳格なQRMプロセスが構築・運用されるための基盤が提供されます。DPMポリシーに基づき、各国・地域のファームはQRMプログラムの全体を主導・統括する責任者として、上級の職位にある経験豊富な人物をレピュテーション・リスク・リーダーに任命することが義務付けられています。デロイト トーマツにおいて、レピュテーション・リスク・リーダーは、グループのExecutive Committeeの一員であり、デロイト トーマツ全体のレピュテーション維持とリスク管理に関わる実務を統括し、関連する業務プロセスの遂行状況や取り組み状況を常時モニタリングし監督する責任を担っています。
また、デロイトネットワークにおける品質管理およびリスク管理のシステムを適切に機能させる上においては、グローバル共通での検査および監視のメカニズムが重要な役割を果たしています。デロイトネットワークに属する各国・地域のファームは、デロイトグローバルの指導と監督の下、独自の業務評価を実施する義務を負っています。この業務評価は、少なくとも3年に1回実施され、各国・地域のファームがDPMポリシーに準拠しているか、DPMポリシーが効果的に機能しているか、品質の高い業務・サービスが提供されているかなどについて評価が行われる仕組みになっています。

click on the image learn more
お役に立ちましたか?