WorldClassは、教育(Education)、スキル開発(Skills)、機会創出(Opportunity)の3分野で、2030年までに全世界で累計5千万人の人々に対してポジティブなインパクトを及ぼすことを目指すDeloitteのグローバルな取り組みです。この一環として、デロイト トーマツ グループにおいても、2030年までに200万人の人々に対してインパクトを及ぼすことを目標に掲げ、取り組みを推進していきます。

デロイト トーマツ グループでは、2011年の東日本大震災の直後から復興支援活動に携わってきました。
現在は、経営者人材の育成を目指す「人づくり」にはじまり、「仕事づくり」や「地域づくり」の領域で地域課題解決に取り組んでいます。
地域の課題解決には、地域を牽引するリーダー経営者の存在が欠かせません。また、社会インパクトを実現するには、ダイナミックな変革を促すカタリストの役割が重要です。
東日本大震災から9年を迎える今回、復興支援を通じた、新たな社会変革のロールモデルとなる「地域リーダーを育むカタリスト」の活動をまとめました。
私たちが、地域から信頼され、地域から必要とされる喜びと誇り、その期待に覚悟をもって応える取り組みをご覧ください。