ナレッジ

Analytics Trends 2014

重要なトレンドと一過性のトレンドとを見極める

テクノロジーやツールが急速に発展する中で、アナリティクスの変化に追いつくことは困難です。こうした背景を踏まえ、アナリティクスに関連する最新の動向や課題に対しての検討を行いました。

関連コンテンツ

Analytics Trends 2014

今日のビジネスにおいて、アナリティクスを活用する領域やその手法ほどめまぐるしく変化するものはない。一瞬気を抜いただけで、あっという間に後れを取り、先頭グループから脱落してしまう。ビッグデータや可視化から予測モデリング、その先にいたるまで、アナリティクスはテクノロジーやツールが急速に発展している現代において、象徴的な分野であり、この変化に追いついて行くことは至難の業である。こうしためまぐるしい変化の中で、「今後の方向性を決定付ける重要なトレンド」と「一過性のブームで終わるトレンド」とを見分けること、また「過大評価されているトレンド」と「真のビジネス価値をもたらすトレンド」とを見分けることは困難である。

 

「アナリティクスのマーケットがどの方向へ、どれだけのスピードで動いてゆくのか」を理解するためにも、最新のトレンドや話題に目を向けることは有益である。ビジネスの世界は不確実性に満ちたものであるが、それでもビジネスリーダーは絶えず意思決定を行い、選択を迫られ続けるからである。こうした背景を踏まえ、デロイトはアナリティクスに関連する最新の動向や課題に対して検討を行った。特に重要だと思われるトピックに焦点を当てつつも、デロイト内においても意見の分かれる論争的なテーマにも触れている。

(6.3MB,PDF)

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?