ナレッジ

【保険ERM】リスクリテラシーの強化が課題です(2015.10.20講演)

出典:保険毎日新聞(2015.11.26掲載)

2015年10月20日、デロイト トーマツ グループ リスク管理戦略センター 後藤茂之は、上智大学経済学部の教育イノベーションプログラムの一環として「経済戦略におけるERM」をテーマに講演をしました。

関連コンテンツ

リスク管理戦略センターの後藤茂之が上智大学で講演

ERM経営、リスク管理の実際、判断上のリスクへの対応などについて解釈し、「われわれにとってリスクリテラシーの強化は大きな課題になっている」と強調した。加えて、「リスク管理、ERM経営はさらなる高度化を目指して日々発展している分野であり、実学の研究療育は広範だ」と述べた。

後藤は「あらゆる企業は活動に伴うリスクを無視することはできない。社会人になって働くことになると、リスク管理は必ず直面するテーマだ」とした上で、ERM経営について解説。「企業が健全性を確保して収益を挙げるためにはリスクを選択し、管理することが必要となる。リスク管理は企業経営そのものになっている」と話した。また、ERMを考える時のキーワードとして、将来の予測、適切な戦略の策定、リスク管理の実効を示し、最近はフォワードルッキングな経営が重視されていると説明した。

つづきは、PDFをご覧ください。(保険毎日新聞の許諾を得て記事を転載しています) 

1,499KB

連載【保険基礎講座】

出典:保険毎日新聞(2015年10月より連載)

近年、企業経営を取り巻く環境が大きく変化し、リスクが複雑になりつつあります。デロイト トーマツ グループでは、保険毎日新聞に2015年10月より保険会社におけるERMつまり、「保険ERM」を分かり易く解説した連載をスタートしました。このページは、「保険毎日新聞」の了解を経て過去の執筆を掲載しています。

ページへ移動

【保険ERM】に関する記事・出版物一覧

保険ERMは刻々と変わる経営環境に対応するために強化が必要です

保険会社の直面するリスクに関して、規制や経営環境が刻一刻と変化しています。この変化に対応したERM(Enterprise Risk Management)の見直しと強化がより一層必要になってきています。このページは、今までに掲載した【保険ERM】関連の記事・出版物をまとめたものです。

ページへ移動

保険ERM態勢高度化支援サービス

保険ERM態勢高度化の要請

保険会社の直面するリスクに関して、規制や経営環境が刻一刻と変化しています。この変化に対応したERM(EnterpriseRiskManagement)の見直しと強化がより一層必要になってきています。
デロイト トーマツ グループでは、保険ERM態勢に関し、基礎的な情報提供から、各社固有の問題解決まで幅広く関わり、DeloitteToucheTohmatsuLimited(DTTL)のグローバルネットワークを駆使し、最新の情報と豊富なアドバイザリーサービスを提供します。

お役に立ちましたか?