Analysis

インセンティブ報酬の法務・税務・会計株式報酬・業績連動型報酬の実務詳解

Explore content

コーポレートガバナンス・コードの公表等を契機に、近時、インセンティブ報酬の導入・拡張に注目が集まっています。業績連動型報酬や株式報酬の導入・拡張を後押しするような法改正やガイドライン・報告書等が立て続けに公表されており、特に特定譲渡制限付株式(いわゆる日本版リストリクテッド・ストック)に係る損金算入を可能にした平成28年度税制改正や、さらなる役員給与の損金算入に係る大幅な整備が行われた平成29年度税制改正への注目度は高く、上場会社における役員報酬の設計・選択に大きな影響を及ぼしています。

本書では、インセンティブ報酬について、導入時の選択肢とその比較、選択する際のポイントを示すとともに、主要な報酬類型ごとに、法務・税務・会計上の手続や留意点を詳説しています。また、実務上悩ましい問題に突き当たることが少なくない国外が絡む場合の留意点についても言及しています。

書名

インセンティブ報酬の法務・税務・会計株式報酬・業績連動型報酬の実務詳解

 

出版

中央経済社

 

編者

西村美智子・土屋光邦他

 

価格

本体5,400円+税

 

出版

2017年11月

 

ISBN

978-4-502-21261-1

 

Explore content

Did you find this useful?